ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2017/11/20

リメンバー修学旅行・その2  バスガイド花子

「リメンバー修学旅行」2日目
寒い!けれど、晴れてくれました。
羊蹄山(えぞ富士)も見えています!
クリックすると元のサイズで表示します

どーーん!
ね?
クリックすると元のサイズで表示します

5時頃に起床し「ザ・銭湯 昭和の湯」へ行ってみました。
昭和の銭湯が忠実に復元されています。

クリックすると元のサイズで表示します

これ、スリッパ入れ!
クリックすると元のサイズで表示します

誰もいません…
まさかの独泉でしたので、パチリ!

壁にあるのは、もちろん「えぞ富士」です
クリックすると元のサイズで表示します

オケも、お決まり「ケロリン」で…
お湯が、すーーんごくヨカッタ!

その後、また最上階の大浴場へ。
はい!同期5人組に会いました 「おはよーーー!」ってねっ
クリックすると元のサイズで表示します

湖が見えるレストランで朝食です。
両親と一緒に食べました…笑(うれしそう)

朝からモリモリ!
「焼きたてパンケーキ」と、目の前で絞ってくれる「りんごジュース」がおススメとのこと。
両方とも、しっかりいただきましたよ!
クリックすると元のサイズで表示します

朝食を済ませたら、気持ちを仕事モードへ切り替えます!
バスへ行って、出発の準備を。

2日目、発車です!
「発車オーライ!」とは、言わないけれど…

すぐに、有珠山金比羅山の麓に到着。
有珠山は20〜30年周期で噴火を繰り返す山。
2000年に噴火した痕跡を、次世代への教訓としてあえて残しています。
火山の恩恵を受けながら「火山と共生している」ことがユネスコに評価され、日本初の世界ジオパークに認定されました。

現地ガイドさんの案内で「金比羅山山麓」と「西山火口遊歩道」を歩きます。

まずは、2000年4月1日に再噴火した現場、温泉街に最も近い金比羅山へ

最初に、展望所にある「防災マップ」(看板)を見ながらレクチャーを受けます。
そもそも観光地に「防災マップ」があるのは、世界でも異例とのこと。
「ここは大変危険ですが、遊びに来て下さい」って言ってるようなものだから…って。

でも、1977年(昭和52年)の噴火で人的被害(死者2名、行方不明1名)を出したことを反省し、地元では同じ失敗を繰り返さぬよう有珠山を常時観測しながら、火山について勉強…
その結果、噴火の前に必ず前兆地震を起こす有珠山の特性などから、2000年の時は噴火を予知し事前に地元住民の事前避難の成功につながったそうです。



「集合住宅」や「入浴施設」など…
この界隈の建物は、1階部分がほとんど泥流で流されてしまっています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最上階の窓を突き破り、成長している樹木は畳を栄養にしているんですって!
クリックすると元のサイズで表示します

公衆浴場の1階。
向こう側に洞爺湖と中島が丸見え…
クリックすると元のサイズで表示します

続いて、西山火口へ
最近NHKのテレビ番組「ぶらタモリ」で、紹介されたばかりでしたのでタイムリー!

突然の噴火で置き去りにされた車や重機、むき出しになった水道管なども…
クリックすると元のサイズで表示します


本来は下り道でしたが、噴火で70メートルほど隆起した「旧泉町道線」沿いに歩きます。
道路の地表に亀裂が入った断層も…
クリックすると元のサイズで表示します

いつもは、実際に被災された方が中心となった「ボランテイアガイド」さんの案内を聞きながら歩くことが多いのですが「火山マイスター」有資格者の説明を聞きながら歩く今回のツアーもまた、いつもと違う話が聞けて勉強になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

最後は、有珠山噴火の話から「防災」の話へ
日本は世界有数の災害大国で、自然災害の危険は身近にたくさんあります。
自分はどのようなところに住んでいるのか…
何かあったらここに逃げようとか、もし家族がバラバラになったらこうして連絡を取り合おうとか、防災グッズの確認など災害について見直すきっかけになれば…と結んでくれました。

その後は「昭和新山へ」
天気もすっかり回復してきたので、お客さまのほとんどが「ロープウェイ」で有珠山山頂へ!
修学旅行お決まりの「集合写真」も撮りましたよ!

温かい「いろはす焼きりんご味」の差し入れ!
ありがとうです!!
クリックすると元のサイズで表示します

お昼ご飯は、伊達市内に「ひろや」さん
お客さまと一緒の席でごちそうになりました!
色々質問したり、されたり…
箸もおしゃべりもとまりません…

「ひろやさん」以前は、2013年に訪ねているようです→その様子はコチラから

クリックすると元のサイズで表示します

少し早めに出発し、人気の「道の駅だて」で買い物タイム!

また、買ってますよ…うちの母(汗)
とにかく勧めたものは全て買うんです…

母のお土産

その1 いもよりもいもらしく「わかさいも」
クリックすると元のサイズで表示します

包装紙「おおばひろし」さんの絵がたまらなくいいです!
クリックすると元のサイズで表示します

その2 伊達の「きんきの飯寿司」
さんざん勧めておいて初めて食べたけど、美味しかったわっ
クリックすると元のサイズで表示します



2017/11/21  0:29

投稿者:花子

まささん
こんばんは!おはようございます!
楽しかったですよ!

来年も「リメンバー修学旅行」があったら…
まささんにもお会いできるんですね!
お父さま、お母さまも大歓迎です!

2017/11/21  0:27

投稿者:花子

さるおさん
こんばんは!おはようございます!
修学旅行、とっても楽しかったですね!

「しゃこ祭り」残念でしたね…日程が、前後の週末でも「荒天」だったみたい。汗 

私にとっても、ガイド人生の中で心に残る修学旅行になりました。
よゐこのさるおさん、ありがとうございました!

2017/11/20  15:24

投稿者:まさ

なんか楽しそうな旅行だったようですね。
来年もこの企画がこの時期にあったら、実家の両親を連れて参加したいです。

2017/11/20  10:09

投稿者:さるお

花子さん おはようございます❗

うふふっ、ブログに載せてもらって、ニヤニヤしてしまいました!
修学旅行楽しかったですね〜。

小樽の雨風も良いです思い出ですよ。
でも、この週末のように荒れたら、飛行機が危なかったかもですね。これも、日頃よゐこにしているから、回避出来たのでしょうね(笑)
すばらしい先生と同級生の皆さん、そして素敵なバスガイドさんのアテンドで最高の修学旅行でした。
皆さんに感謝です。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ