ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2019/8/28

ここまで来たらタウシュベツ…  十勝総合振興局

昔、この辺りが「木材のまち」として賑わっていた頃を彷彿させる、樹齢250年のミズナラを横目に「タウシュベツ川橋梁」展望台へ
クリックすると元のサイズで表示します

ここは4度目。
冬にスノーシューで歩いたのが2回。
そして昨年7月、修学旅行の引率で来た時には数日前に水没しただの湖面。ガッカリしたのを覚えています。

今年はなんと、ダム湖に水が無く…
湖底がむき出しになっており、コンクリート橋梁もこの通り。
水没出現を繰り返すことによる破損が、遠くからでもよくわかります。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

続いて「旧幌加駅」へ
プラットホームと線路が残されているのです。

車を停めて、プラットホームへ行こうと思ったら…
なんとも恐ろしい、ヒグマ情報…

急にぶるぶる怖くなって、一瞬ひるんだけれど…
せっかくここまで来たんだし…登録有形文化財にも指定されてるホームを見てこないと後悔するわ!と、思い…行きました!

クリックすると元のサイズで表示します


♪あるーひ(あるーひ)森の中(森の中)くまさんに(くまさんに)であわない(であわない)
E美ちゃんと、大きな声で歌いながら…
クリックすると元のサイズで表示します


しばらくすると、野生の臭いがしたのよ…
私、最近お年頃なので目がかすむんですが…鼻は良く効くほう

きゃーーー!
「これ、熊のうん〇じゃない?」
私が叫ぶと、E美ちゃんが来て「ほんとだー!」
しばらく2人で眺めたあと…E美ちゃんが、その辺の棒で突きます。
E美ちゃん、私以上に好奇心旺盛「まだ、新しい感じのうん〇ね」って…汗


クリックすると元のサイズで表示します

けれど…
ふたり一緒だし、車は目の前だし…大丈夫、大丈夫「熊、出て来るなよーーー」と心の中で叫びながら…行ってきました。
100mに満たない距離だと思いますが、やたらと長く感じました。


かつて木材の搬出で賑わった「幌加駅」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その後は、念願の「幌加温泉」へ。

E美ちゃんが、私の分もタオルを用意してきてくれました。
ありがとう!

「旧幌加駅」から三国峠に向かって10分ほど走ると「幌加温泉」の看板が見えてきます。
路線バスのバス停もあります。
ここから、国道と分かれ左方向へ…歩いてすぐ!のイメージがあったんですが…
意外と(いや、歩くとなるとかなり)遠いです。15分〜20分位はあるかなぁ〜(いつか路線バスで来て、歩いていたかもしれない私…E美ちゃんに感謝)

やがて、道の行き止まりに1軒の宿が見えてきました。
現在、営業しているのはここだけ「鹿の谷」(かのや)さん。
タイミング良く、お客は私達だけということで安心して入浴します(内湯、露天ともに混浴です)

この日は、宿泊は受け付けておらず「お留守番にきている」という女性が対応してくださいました。物腰のやわらかな方です。建物は老朽化していますが、すみずみまで掃除が行き届いています。
「ここに1人でいるとさみしいから、来て下さってうれしい」
「なんにもすることないから床を磨いていました」と…。
クリックすると元のサイズで表示します

まずは内湯。
3種の温泉が楽しめます。
手前から「ナトリューム泉」「鉄鉱泉」「カルシューム泉」です。
色もはっきり違いますね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

実際に当ててみると、想像以上に勢いのある「打たせ湯」も
クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂。
その先は断崖絶壁!!
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは透明な「硫黄泉」
ということは、1度に4種の温泉が楽しめるのです。
ここはお湯のパラダイス!
お湯も景色もふたり占め〜!

私は長時間温泉に入るのが苦手なんですが〜
ここの露天風呂は少しぬるめで肌に柔らかく、不思議と長く入って居られるのです。

夜は、ここから満天の星空を仰いでみたいな〜と思いました。
いつか、宿泊してみたいなぁ。
けれど、携帯電話は圏外。
スマホ依存症の私に耐えられるかしら…

クリックすると元のサイズで表示します

どうしても混浴には抵抗があると言う方は、小さいけれど女性専用内湯が1つありますよ^^
クリックすると元のサイズで表示します

「鹿の谷」だけに…
シカが、草をもぐもぐ…
いつものことなんだそうで…この界隈のシカも人間には慣れっこのようで近づいても逃げません。笑

入浴を終えると、お留守番さんがお見送りしてくれました。
「こんどは泊りに来てくださいね」
「ここはなんにもないけど、いいお湯がある」
「みんなが混浴を嫌がるから、なくなっちゃうのね。混浴って今はめずらしいでしょう」
(けど、やっぱり…男の人がウジャウジャいたら抵抗あるわよね。お年頃で自信もないしね。誰も見ちゃいないと思うけれど…)

タイミング良く入れ代わりで、小さな子供連れのご家族が入浴に来ました。
よかった、これでまたさみしくないですね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


「鹿の谷」さんの近所に、2軒の廃屋があります。
1軒は「ホロカ温泉旅館」(2011年休業)
クリックすると元のサイズで表示します

玄関ドアのガラスに顔をくっつけてみたら、中はこんな感じ…
クリックすると元のサイズで表示します

裏へまわってみると、温泉の川らしきものが流れていました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


もう1軒は、壁に「幌加温泉自炊の宿」の文字。
(テキトーに写したために、建物が左に傾いて…いや、反ってみえます…汗)
クリックすると元のサイズで表示します

昔の露天風呂っぽいものも発見!
バッタをつかまえ遊びます^^
クリックすると元のサイズで表示します

すぐ下の渓谷。
魚が釣れそうです…ヤマメかな?イワナかな?
クリックすると元のサイズで表示します

自然豊かで空気がおいしい!

クリックすると元のサイズで表示します

「秘湯」って言葉がぴったりの「幌加温泉」。
もしかしたら、私のお気に入温泉NO1かもしれません。

お年頃のせいか、最近温泉の魅力にとりつかれている私…
それまでは、まったく興味がなかったんですけれどね。
私以上に温泉大好きなE美ちゃんの協力もあり…今回はもう1つ、温泉を堪能してきました。

お楽しみに^^

おまけ
元気のみなもと

徳光珈琲オリジナル「コーヒーゼリー」
Aさんにいただきました。
コーヒー大好き!コーヒーゼリーも大好き^^
クリックすると元のサイズで表示します




2019/8/30  9:41

投稿者:花子

E美さん

おはようございます!
幌加温泉は想像以上によかった!
必ずリピートしようね。

混浴か…
それ以上に、露天風呂から星空が見たいから行く!

2019/8/29  17:36

投稿者:E美

幌加温泉、最高でした!

こんどは泊まりに行きましょうね。

でも、宿泊客は多いって話だったから、混浴必至かもね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ