ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2019/11/17

奥田政行さんと行く石狩旅  石狩振興局

これまた2カ月以上も前のことになりますが…
友人のえびちゃんに誘われて〜
山形県鶴岡市で、生産者の顔が見える食材を使ったイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」を営む奥田政行さんと、石狩市の生産者さんを巡る旅に参加しました。

なんと!あの「寿都マニア」で有名な、山本竜也さんも一緒です。
この数日前にたまたまメールでやりとりしていたら、用事で札幌へ来るので「昼ごはんでも食べましょうか」と。その日が、えびちゃんから誘われたツアーの日。
迷った結果、山本さんもツアーにお誘いしました。
なーんと、若き男性なのに料理が得意で、毎日自分でお弁当作って出勤してるんですって!ビックリ!
翌日の料理教室も興味があるとのことで、こちらも一緒に参加することに^^

石狩市役所を出発し、まずは浜益漁港へ。
クリックすると元のサイズで表示します

奥田さんとえびちゃんと「ハイ、ポーズ!」
クリックすると元のサイズで表示します


漁協の青年部員さん達が、ホタテ、タコ、浜益牛をガンガン焼いて、席まで運んでくれるんです。これでもかーーーってくらい。笑

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホタテはお刺身でも!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こーんな感じ^^
おにぎりにビールも…食べ放題状態^^
クリックすると元のサイズで表示します


帰りは総出で手を振り、お見送りしてくれましたよーー!
漁師さん達の網をひく腕が、まっ黒に焼けて二の腕の筋肉がもりもりでカッコ良かったです。まる
クリックすると元のサイズで表示します

続いて、「きむら果樹園」さんへ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

明治10年開園の果樹園。
4代目、木村武彦さんにお話を伺います(今の園主は5代目、息子の賢志さんです)
クリックすると元のサイズで表示します

木村家は、もともとはニシン場の親方でしたが、明治10年に開拓使の事業で無償で、果物の苗木が配られることになり果樹栽培を始めたと言います。(札幌、余市もそうですね…根室、釧路方面まで苗木が配られたそうです)
明治の新政府が、北海道に西洋式農業をひろめたんですね。
それまで日本に果樹はなく、果樹栽培は北海道が最初。
そして日本各地にも広まって言ったとお話していました。

ただ、道南の七飯町だけはその前に、ドイツ人ガルトネルが個人的に果樹の苗木を輸入し育てていたと。故郷の果物が恋しかったのかしら…

今年は七飯町にリンゴが植えられ150年!ということで、9月には「全国リンゴ大会」の会場にもなったようです^^

きむら果樹園には、その時の原木リンゴ、サクランボ、梅の木がまだあり収穫もできるのです。
早速、果樹園へ
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

毎年1月になるとホテルオークラ札幌で、きむら果樹園の100年リンゴとコラボしたアップルパイが発売になるんです。楽しみだなぁ〜

見学を終えた後、早速お買い物を楽しむ参加者^^
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

桃もありました!
道内ではまだ珍しいです!しかも石狩産とは…
迷って買わなかったけれど…やっぱり買っとけばよかった。
クリックすると元のサイズで表示します


何気にぶらさがっている収穫カゴが、絵になりました^^
クリックすると元のサイズで表示します

6代目もお見送りしてくれましたよ^^
クリックすると元のサイズで表示します

移動中の車内で、ハックナインのリンゴジュースと
クリックすると元のサイズで表示します

100年リンゴのラングドシャをモグモグ
クリックすると元のサイズで表示します

お土産にいただいたリンゴで、アップルパイを焼いたのです^^
クリックすると元のサイズで表示します

石狩市花川にあるお菓子屋さん「なかむら屋」の「くずバー」。
冷たくてまるでアイスキャンデー!けれど、葛なので溶けないしヘルシーです^^
クリックすると元のサイズで表示します

続いて、養鶏の「飛ぶ鳥農園」さんへ
クリックすると元のサイズで表示します

とてもさわやかな角野さんご夫妻。
奥様のお名前から「飛ぶ鳥農園」さんなのですね…愛がいっぱいです。
クリックすると元のサイズで表示します

ここでは名古屋や由仁町から生後1日のヒナを仕入れ、現在およそ500羽の鶏を平飼いし卵をうませているのです。
クリックすると元のサイズで表示します

ニワトリが甲高い声で♪クックドゥ〜〜〜!と鳴くたびに、えびちゃんがしがみついてきます。
鳥が苦手なんですって…わはは。
かわいい〜〜〜

あ、上の写真で山本さんの顔を隠したんですけれど…
かくす必要なかったんですね…笑
真剣な表情で話を聞いています…
クリックすると元のサイズで表示します

幼少の頃からニワトリが大好きな亮太さんは徳島県出身です。
クリックすると元のサイズで表示します

実家の近くに農業高校があり、小学2年の時に、たまたま学校から逃げてきたニワトリをつかまえ(保護し)大事に育てたのだそうです。餌や水を与えてもなかなか卵が生まれません。ところがある日、毛が膨らみポロン!卵が生まれたのです!その時の感動が忘れられず、ずっと「将来はニワトリを飼いたい」と思っていたようです。その後、北海道の大学へ進学し、石狩で農業研修へ入ります。研修後、3年間は酪農ヘルパーなどで資金を貯め、夢を叶えました。パチパチパチ!

餌は100%北海道産です。
米、米ぬか、魚醤の絞りかす、魚粉、ホタテの貝殻、黒千石大豆、そば粉、麦…
しかもニワトリのために、質の良い魚醤の絞りかすを手に入れようと「佐藤水産」でアルバイトをしたといいます…ニワトリ愛を感じました。
クリックすると元のサイズで表示します

ヤギさんともふれあえましたよ^^
クリックすると元のサイズで表示します

卵はまったく臭みがなく、驚くほどサラリ(あっさり)とした味わい。
有精卵なので、1カ月くらい温めるとひよこが生まれると話していました…
やってみたら良かった。

2年位飼い、卵を産まなくなった鶏は焼却せず「家族で食べている」そうです。
お肉は固いそうですが…ほんもののニワトリの味なんでしょうね。
シアワセご家族の、シアワセなニワトリのお話でした^^
クリックすると元のサイズで表示します


お次は「藤岡農園」さん
石狩でミニトマトの栽培が盛んだって…知りませんでした。
「キャロル10(テン)」という名前のトマト。
クリックすると元のサイズで表示します

農家さんが大事に育てたトマトをいただきました。
お店で売っているのとは、一味も二味も違います。
クリックすると元のサイズで表示します

もぎたての、青々としたトマト特有の香りとほどよい甘さが口いっぱいに広がります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

藤岡農園さんでは「チコリ」も栽培していました。
そのまま食べても良し、コーヒーにしても身体に良し^^
クリックすると元のサイズで表示します

最後は、「NPO法人サムリブ」さんへ
最近話題の「赤ビーツ」を生産しているのです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なんといっても、ここはロケーションがすばらしい!
夕日に染まる赤ビーツの畑へ、トラクターで出かけていきました^^
(私は撮影係)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

楽しくておいしくて、良い旅でした^^

その翌日は、奥田さんによる「石狩食材」の料理教室。
奥田さんは、面白い、わかりやすい、手際よい、そして有名人であることを全く鼻にかけない気さくな方で、びっくりしました。

「写真、撮っていいよ」「インスタ?あげていいよ」なんて話しながらも、手は常に動いています。調理は2品、3品、同時進行…次々にお料理が仕上がりました。
ニンニクやパセリの刻み方、コツなどもサラリと教えてくれるのです^^

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「桃とプチトマトの冷製カッペリーニ」を作っています。
と言うか…材料をポンポンボールに入れて混ぜたら出来上がっていた。簡単すぎて美味しすぎた。
クリックすると元のサイズで表示します

「熱々のオリーブオイルをかけた鮭」
こちらも、焼いた鮭を応用を利かせ色んなパターンで
クリックすると元のサイズで表示します

私のテーブルには、お料理教室の先生もいらっしゃったので…
私はほぼ、洗い物係^^

リンゴをのせたカルボナーラ、浜益牛のローストタコとジャガイモのフォンデュータにアラビアータオイル…その他、即興で何品か
クリックすると元のサイズで表示します

すごいでしょう!
ナマコのお茶漬けまで…
クリックすると元のサイズで表示します

石狩市は石狩振興局で唯一、海のある町。
山海の幸を存分に堪能させていただいた2日間でした!

しかも、今回は…
あの「丸美珈琲」の後藤栄二郎さんによる、コーヒーも特別にいただけちゃいました!
シアワセでした!!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回のメニューレシピもいただいたので、また作ってみなくちゃ!
とくに、簡単・絶品冷製カッペリーニ!

すっかり奥田政行さんのファンになってしまいました。
いつか、山形県のお店にも行ってみたいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

モーニングスイーツ部
石狩「佐藤水産」の「塩ソフトクリーム」もおいしですよーーーー!
クリックすると元のサイズで表示します

おまけ
北海道新聞朝刊「朝の食卓」の執筆も担当し、ますます筆に磨きがかかる、寿都マニアの山本竜也さん。
今、「寿都歴史写真集」(戦後編)の作成に取り組んでいるんだそうです。
「寿都歴史写真集」ってなに?まだ持っていないわよ、という方は…

コチラをご覧ください^^
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山本竜也さん…
どうぞ、釧路でもどうぞお元気で^^
また、会いましょう!




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ