ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2006/3/23

息子よ  SYUのこと

月曜日、卒業式の振り替え休日だったSYUを歯医者に連れて行った。
春の嵐が吹きすさぶこの日は、私でさえ何度か飛ばされそうになる。
「SYU!SYU!」と叫ぶ声も瞬く間に強風にかき消されてしまう。
私の先を走るSYUが飛ばされてしまわないか心配で、早歩きして追いつこうとするのだが向い風に邪魔をされる。
信号待ちでようやく追いついた私は、ホッとしてSYUの手をつかんだ。
「だめだって!こんな時は急いだら!すごい風が一瞬吹いた時は近くの塀にでもつかまりなさい。飛ばされるよ!それに看板とか色んな物が落ちてくる可能性があるんだから頭上にも気をつけて!」なんてことを話しながらようやくの思いで北大にたどり着く。
銀杏並木も真冬の景色に逆戻りだ。

前々から予約していた、歯の定期検査と歯磨き指導の日だった。今のところ、虫歯なし。
その後、「美点工場」でお昼ご飯を食べようと期待して行ったが・・・定休日でした↓↓↓SYUはここの「坦々麺」が食べたかったようです。

仕方がなく、私の用事に付き合ってもらう。
東区の印刷会社にゲラを届ける。
印刷会社の近くのファミリーレストラン「とんでん」で遅い昼食をとる。私は何度も「ランチメニュー」を勧めたがSYUは見ようともしない。結局選んだのはこれ・・・

まぁ・・・遠慮しないのは子供らしくて良いけど・・・私はこの値段の半額位の「うどんと寿司」のセットにした。これでようやく値段のつりあいがとれる。
SYU・・・最後の方は、お腹が満腹すぎてフ〜フ〜言ってる。デザートの抹茶アイスも「え〜?食べれるかな〜」とか言いながら、私に「一口食べる?」もなく結局一人で平らげた。たいした胃袋だ!

その後、SYUのリクエストで紀伊国屋本店に行ったのだが、歩きながらお腹が痛くなったSYU。すかさず私・・・「ねっ、だから言ったっしょ、あれは昼から多かったんだよ。ランチメニューでちょうどいいんだから!今度からランチにしようね」(嫌な、母だ)SYUは素直に「うん」とうなずいていた。(かわいそうに)

本屋に着いて、1時間はお互いのフリータイム。
途中、ちらッと、SYUの様子を見に行ったら真剣に「青い鳥文庫」を読んでた。でも、結局購入したのは「どうぶつの森」の攻略本と「コロコロコミック」・・・私は栗原はるみさんの「すてきレシピ」最終号が欲しくて持ったり置いたり持ったり・・・を繰り返してたんだけど・・・攻略本の裏の「1200円」を見て置いた(あきらめた)
息子には甘いなぁ〜

SYUにお願いした。
「ね〜、大丸の地下に行かない?」
「え〜〜〜〜〜〜!!!!!やだ!!!!!」
そうなんだ・・・家に一刻も早く帰って本を開きたい!それしか彼の頭にはなかったんだ。
後ろ髪引かれる思いで南北線に乗る。

家に着き、夕刊を開いて知人宅の火災を知る私。
中学3年の孫が亡くなった。
母親の泣き叫ぶ声が耳から離れない。
通夜の席で、多喜二の母セキを思い出してた。

息子よ
多くを望まないから
親より先には逝かないでおくれ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ