ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2005/7/23

札幌〜小樽〜千歳AP  小樽そぞろ

7月18日(月・祝)旅行最終日。朝から予想外の雨だ。お客様はススキノの余韻をひきずってか、目覚めが悪そうだ。花子は少しでも気分を盛り上げようと、声のトーンを上げて話した。(迷惑?)「みなさま、左右の街路樹、そしてこれから通る前方のアスファルトをご覧下さいませ。昨日までのほこり、排気ガスをこの雨ですべて洗い流し、本当にリフレッシュした朝です!」すると気分も高まってくるから不思議だ。いつの間にか空も青空に変わった。(自己満足?)

〈コース〉H〜柿崎商店〜裕次郎記念館〜北一ガラス〜昼食(庄坊番屋)〜AP
添乗員Iさんの希望で、朝の出発を30分早め、余市の柿崎商店へ行った。昨年、プライベートで行った時は2階の海鮮市場で、かなり安くいくら丼やホッケの開きを食べたので好印象を持っていた。発泡スチロールの箱に入った朝イカが店頭に並んでいて、ドライバーのUさんも買っていた。一箱に20ハイは入っている。花子は、三人家族なので、そんなに量はいらないので何も買わなかった。余市まで走ったので時間がなくなり裕次郎記念館は、たった20分の見学。館内見学をすると、どこにいても裕次郎さんの渋い唄声がながれていて、裕次郎を知らない人でもファンになること間違いなし。見学後、バスに戻る時には、どなたも肩で風切りズボンのポッケに手をいれて鼻歌まじりで裕次郎になりきっている。不思議だ・・・。その後、北一ガラス界隈でのフリータイムに入った。花子とドライバーのUさんは、駐車場向かいのオープンカフェに行き、ソフトクリームをもらって食べた。花子はカップで牛乳と夕張メロンのミックス!その後、まだ時間があったので、『銀の鐘』でコーヒータイムをする。銀の鐘のコーヒーカップが変わっていた。カップを持ち上げると、センサーにより「エリーゼのために」のメロディ〜が流れた。
  
元、消防署の建物だったという、その名も『庄坊番屋』で昼食をとる。乗務員は、しゃちほこのような海老がのった「天丼」を食べた。店内至る所に有名人のサイン色紙が・・・。見っけました!平井賢さんのサイン!
あとは、APまで直行!今回は、札幌限定『クラッシックビール』ばかりを飲むお客様だったので、缶についているシールをひたすら集め、『大泉洋さんプロデュースのごちそう』が当たるよう、これから応募します。あたったら、みなさんに報告しますね!
  




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ