ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2005/12/22

冬休みの宿題  SYUのこと

今日は、SYUの終業式。
張り切って通信簿をもらいにいった・・・

実は5日ほど前から、自主的に宿題を始めたSYU!
褒めて褒めて褒めまくったら・・・なんと!「冬休みの宿題」だった
毎度のことだが、休み中の宿題は遊びに夢中になりすぎて、始業式の前日にラストスパートで総仕上げ。(←クリックGO!)だったら、休み前に宿題を出して冬休みは心置きなく遊びに没頭したほうが良いか・・・という先生の生徒を想う愛情?配慮?から?出されたものなのか?私は、こ〜ゆ〜頭の柔らかい先生、大好き!

普段宿題が出されない息子は当然、学校から帰って「勉強目的」で自分の机に向かうことはまずない。でも、生徒達で自主的に全員宿題をやってくるよう決めているんだそうで・・・やっていかないと「休み時間遊べない」という厳しいルールも自分達で決めたとか?
それにしても、「休み時間の天下?命」の彼なのに、いつ宿題をしてるのか?不思議で仕方がなく「宿題(自学)ノート」をこそっと覗いたら「ブログの更新」とだけ一行書かれた文字が永遠と続いていたのだ。(ブログ更新=宿題)その一行すら、朝の時間のない時に慌ててノートに綴っている(←クリックGO!)有様だ。

なので「冬休み前宿題」でも何でもいい・・・珍しく、勉強している息子の背中を見て「すごいわ〜。うちの息子賢いわ〜〜」と何か錯覚をおこしてしまったのだ・・・冬休みの宿題前倒ししてるだけなのにねぇ・・・
クリックすると元のサイズで表示します

「宿題」は要らないという私の考え。私自身、学校から帰って「宿題(勉強)しなさい」と母に言われたという記憶がなく育ってきた。
「宿題」を出されるとノルマ的になるから。宿題終了=ノルマ達成になってしまい、それ以上の勉強に対する意欲が失われてしまうのではないか?と思うから。
かといって自主的に、家に帰ったら勉強をするという習慣もついていない息子・・・。家に帰る=PCの電源を入れるが日課になってしまった。おかげでキーボードを打つのが、ともすれば太郎よりも早いSYU・・・私は完敗だ。ま〜何か一つ特技があれば良いとするか。

でも、周りには塾通いの友達も多く、たまに優秀な子の話しを聞いて♪これで〜いいのか(だぁ)〜?これでいいのか〜(だぁ)?(天才バカぼん)と、「もっとしっかり勉強をさせた方がいいんでないべか?」と迷ってみたりもして・・・

その結果・・・
夏はどうしても仕事が忙しく家に居れない分、これから冬の間は同じテーブルに向かい合って座って、暖かいお茶でも飲みながらゆっくり会話したり、たまに勉強(2〜4年生の復習)でもみてやる時間を意識してつくろうかと・・・。それ以上の学年になると・・・そろそろ太郎の出番かな?





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ