ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2005/9/26

日本一早い紅葉・大雪山黒岳  上川総合振興局

花子の○○回目のBIRTHDAYは、大雪山国立公園・層雲峡で迎えました。
立派なケーキはなかったけれど、日本一早くスケールが大きい紅葉を眺め、お腹がいっぱいになりました!
クリックすると元のサイズで表示します

今年は暖かいせいか、まだ紅葉も6割位でしょうか?朝一番、お客様と一緒に黒岳ロープゥエーで5合目まで行ってきました。空気がとっても美味しかったですよ〜。黒岳と向かい合わせにニセイカウシュッペ山も見えました。アイヌの人達は、黒岳を雄岳、ニセイカウシュッペ山を雌岳と呼び、崇め親しんできたそうです。パンフレットには「雲が女房の顔を隠してしまうこともしばしば。黒岳はどんな気持ちになるのでしょう?」と書かれておりました。我が家は、「女房元気で留守が良い」これが、夫婦円満のカギになっておりますので、女房が出張中で太郎は大いに羽根を伸ばしていることでしょう
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
りんどう

そして、北海道を代表する針葉樹といえば、エゾ松・トド松ですよね?どこが違うかわかりますか?樹皮が赤っぽくひび割れているのがエゾ松。樹皮が白っぽく滑らかなのがトド松です。
クリックすると元のサイズで表示しますえぞ松

クリックすると元のサイズで表示しますとど松

一般には、枝のつき方が上向きか下向きかで見分けられ「天まで届けのトド松・どうでもええぞのエゾ松」と言われます。が・・・たまに雪の重みに負け上向きか下向きか区別のつかない松もあります。このような松を「チョロ松」と申します。オソ松様でございました(ペコリ)

本日のお菓子は「大雪山」(旭川千秋庵)です。抹茶とハッカの落雁で、お薄の干菓子にも使えそうです。正方形の小箱の底にはこんな文字が・・・
永遠のみどりのあふるるところ 厳しき季のなかにありても 新しきものの息吹き育む 山川草木豊かなり
クリックすると元のサイズで表示します

あさってから、花子は天人峡に出張です。今度は、日本一早く冬が訪れた「北海道の最高峰・旭岳」の雪をレポートしたいと思っています。
しっかりまかなって(着込んで)行って参りま〜す!!
人気blogランキングへ(←クリックGO

たくさんのBDメッセージありがとうございました!顔は知らないブログ仲間ですが・・・花子にとって、大切な大切なみなさん!これからもヨロシクお願いしま〜す(電車男の気持ちが良くわかるこの頃)




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ