ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2005/9/29

北海道の最高峰旭岳の紅葉  上川総合振興局

3日ぶりにPCを開く!
仕事から帰り、更新したい話題が満載!
その中で、まずはやはり北海道の最高峰旭岳のことでしょう・・・。今日は朝一番に旭岳ロープゥエーです!
今回も地元のお客様と一緒に天人峡に1泊してきました。天気も良く絶好の旅行日和!最近、仕事が楽しいのなんのって、こんなに楽しんでお給料をいただいてもいいんでしょうか?仕事も年齢も忘れて、はしゃいでしまいました〜。
〈コース〉
1日目:札幌〜旭山動物園〜大雪乃蔵(昼)〜パークゴルフ(旭川市博物館)〜天人峡温泉
2日目:天人峡〜旭岳〜深山峠〜富良野ワインハウス(昼)〜ニングルテラス〜三階の滝〜札幌
クリックすると元のサイズで表示します
見て下さい!これが、最高峰旭岳です!101人乗りのゴンドラが10分程で7合目まで運んでくれるんです。なんと!無謀にも花子の足元はサンダルですよ。イトーヨーカドーのワゴンで700円でゲットしたやつ・・・
サンダルでも、平気で第一展望台まで歩けました。が、それは花子がまだ若いから出来たこと。皆さんはマネしねいで下さいね。
昔は旭岳登山というと、天人峡から1日がかりであったとか・・・ある意味、北海道の最高峰も時代とともにずいぶん低くなりましたね・・・

クリックすると元のサイズで表示します
花子の足元
しかも、今回は90代の和服姿のおばあちゃままで一緒に出かけました。
残念ながら、先日降った雪は米粒くらいにしか見えませんでしたが、紅葉が見ごろでした!いつまでいても飽きぬ眺めで、出来るならば(時間とトレッキングシューズがあったばらば)1時間半かけて頂上を極めてみたかったです。



「富士山に登って山岳の高さを語れ、大雪山に登って山岳の大きさを語れ」という、有名な大町桂月の言葉通り、大雪山の雄大さ、大きさに抱かれて何も食べなくても?至福を感じたひと時でした。

今回、残念?ながらクマには遭えませんでしたが、新富良野プリンスHの駐車場でバスの後ろにいるキタキツネをお客様が発見!一人の男性客が「いや〜ガイドさん、バスの後ろにはキツネがいて、前にはタヌキがいるね〜」だって・・・。「化かされたら大変だ!」って
まっ、そんな言葉をお客様が発するのは、可愛がってもらってるから言えること!と、良い方へ解釈しましょう
次回の仕事は10月2日から3日間、世界自然遺産知床を旅してきます〜

人気blogランキングへ(←クリックGO





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ