ガイドの返品は受け付けませんので、最後までお付き合い下さいませ!発車オーライ♪                                        

2005/9/20

日本三大まんじゅう  花子よりだんご

昨日の夕方、三越の地下をブラブラした。
全国各地の秋の和菓子が勢ぞろいしていて、見ているだけでワクワク・・・
同じ店の前を5回も6回もウロウロ・・・
日本三大まんじゅうの○○○〜〜」の売り子さんの声に反応し、東京塩瀬総本家の前で立ち止まった。

な〜んて可愛い「うさぎ」のおまんじゅうでしょう。
お月見にピッタリ!うさぎにじーっと見つめられ「買って買って」と言われているような気持ちになり、迷わず財布から千円札を出し「これ、くださ〜い!」と花子。
「お客様、この商品は今日、東京から届いたばかりなんですよ」の一声に食べる前から満足度が増す。「あの〜、日本三大まんじゅうを教えていただけますか?」聞くは一時の恥・・・で、思い切って店員さんに聞いてみた。さすがは三越の店員さん、スラスラ〜と・・・
1、岡山県の「大手まんぢゅう」
2、福島県柏屋「薄皮まんじゅう」
3、塩瀬総本家「志ほぜまんじゅう」

で、ございます!!!と、即答した。
まんじゅうを包んでもらった花子は、すぐにWCに行き個室に入るやいなや、カバンから紙とペンを出しメモった・・・。頭の中は暗唱していた「日本三大まんじゅう」でいっぱいになっていた。それにしても「三大まんじゅう」をスラスラ答えた店員はカッコ良かった。

花子の場合は・・・
客「ガイドさ〜ん、あれは何の花だい?」
花「エゾ白い花(知らん)でございます」

客「あの滝は?」
花「白滝(知らん滝)でございます」
って具合で、大抵は「えぞ」とか「知らん」で片付けてしまう。(汗)

早速「日本三大まんじゅう」のお店の味を頂戴する。
花「お菓子を頂戴致します」
花「・・・」(無言でうなずく)一人芝居だ・・・

う〜ん、中の餡がし〜〜〜っとりとしていて、うるさすぎず・・・皮の部分も極薄くポワ〜〜ンとしていて・・・上手く表現出来ないけど、美味しくうさぎを3羽(1羽、2羽って数える?何故?)もいただきました!
クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ(←クリックGO




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ