北原鈴淳尺八教室in八王子  音楽

  
クリックすると元のサイズで表示します



 
  指導者  鈴慕会 大師範

            
            北 原 鈴 淳







音楽歴  
長野県飯田市立追手町小学校5〜6年で器楽班に入り、小太鼓を担当。

東中学校2年から飯田高校の吹奏楽班でユーホニュームを担当(5年間)

大学の三曲研究部で琴古流尺八を始め、故二代青木鈴慕・人間国宝(2018年8月21日死去)に師事
      
1972(昭和47)年1月 浅草国際劇場の「艶歌のすべて 北島三郎ショウ」 で10日間「仁義」「盃」「誠」を尺八伴奏
      
1976(昭和51)年 渋谷東邦生命ホールで尺八リサイタル
曲目「みだれ」「一定」「箏四重奏曲」「詩曲」「鹿の遠音」「千代の鶯」

1991(平成3)年3月 NHKFM放送「邦楽のひととき」
に「明治松竹梅」出演
さらに1991(平成3)年7月「泉」、1992(平成4)年「末の契り」、1992(平成4)年6月「泉」再放送、など出演

      
2007(平成19)年 北原尺八教室をめじろ台に開設

2021(令和3)年、芸歴(芸道・竹道)55年を迎えた

稽古場 東京都八王子市めじろ台2丁目
      (京王線めじろ台駅徒歩6分)
     
      電話 042−668−1278
(お問い合わせは午前8時〜午後8時まで)

稽古日 日曜日・月曜日・火曜日・木曜日(午前10時から午後5時までの予約制)        
    ご希望により他も可能な日(午前中など)があり、ご連絡下さい。
月謝   
月2回、5000円 (1回約50分間)
月3回、7000円 (1回約50分間)
月4回、8500円 (1回約50分間)
ワンレッスン、3000円 (約1時間)

その他、ご希望により特別ワンレッスン2時間を設けます。(5000円)

入門料 3000円(ホームぺージご覧の方は半額の1500円)
      入門者には自費出版のCD1枚差し上げます。

初心者から対面式で一人一人指導します。まずは基本の音出しから。
 古曲を中心に宮城曲、現代邦楽、歌謡曲までご希望にも応じます。

琴古流本曲 三谷菅垣・雲井獅子・虚空鈴慕・鹿の遠音 など

地唄筝曲  黒髪・千鳥の曲・笹の露・残月・八重衣 など

宮城曲   春の夜・春の海・初鶯・泉・虫の武蔵野 など

現代邦楽  風動・詩曲・一定・萌春・出雲路・箏四重奏曲 など

その他ご希望により 童謡・唱歌・歌謡曲(著作権法に触れない曲)など

体験レッスン 500円(約60分) ご予約ください

初めての方には、安価な樹脂製の尺八「悠」(¥11000+税で、良く鳴ります)を取り寄せます。竹製欲しい方は、別途ご紹介します。
取りあえず、貸し出し用のプラ管あります。

練習の状況により箏や三絃と時々合奏練習をして、年に一度は稽古場でおさらい会をします。

1976年北原康夫尺八リサイタルより、
杵屋正邦作曲・尺八独奏曲「一定」(いちじょう)が聞けます。
長澤勝俊作曲
「独奏尺八のため詩曲」
上記、青色線をクリックしてください。

金曜日・土曜日は箏・三絃教室も開いています。
こちらのホームページをご覧ください。
http://ivory.ap.teacup.com/koto8/


近況と雑感(10/20) 

10月10日正派邦楽会宗家の中島靖子が95歳で亡くなった。
正派には何回か賛助出演させていただいた。

1981(昭和56)年8月は初代正派家元中島雅楽之都(うたひと)の追善演奏会が国立劇場大ホールであり、「比良」と藤井凡大指揮による「編曲・五段砧」を演奏。

1993(平成5)年4月の正派創始80周年記念演奏会はNHKホールで「四方の海」「春の曲」藤井凡大指揮による「追い弾き八千代獅子」「笹の露」に出演した。

何れも100人以上の出演者で壮大な演奏会だった。80周年の演奏会には何回かリハーサルに通い、当日青木先生を通してリハーサルの回数に応じてギャラをいただいた。それが予想以上でうれしかった。合掌

緊急事態宣言が解除になったので、早速Tさんから飲み会のお誘いを受け、20日に和食店「木々」で宴会をした。尺八仲間の3人である。

飛騨高山の匠が作った家屋で、太い梁がある古民家風。囲炉裏を囲んで昼のコース料理。広い部屋が貸し切り状態だった。

料理は美味。ビール、日本酒と酒が進んだ。

Tさんは92歳、まだまだお元気である。高校の先輩で60歳から尺八を習い、88歳位までは尺八を演奏していた。その努力は凄く尺八師範の免許を取り、膨大な楽譜をお持ちであった。

家内のお弟子さんの練習の為、長澤勝俊作曲「萌春」を久しぶりに合奏した。
6寸管で調弦をいい加減にして始めたので、吹きづらく反省しきり。やはりきちんと調弦すべきである。

次は舩川利夫作曲「出雲路」の合奏予定で、この曲も大変だ。

17日に八王子J:COMホールにて、「八王子市民音楽祭」の一環として「音楽芸術フェスティバル」があった。

男声合唱に続いてバイオリン独奏「ラ・カンパネラ」を中学生が堂々と演奏した。
80歳のテノール独唱、マリンバ独奏に尺八古典本曲「越後鈴慕」を木藤青山が2尺3寸管で演奏。

箏は小林千恵子が沢井忠夫作曲「楽」と「竹田の子守歌」の独奏だった。
ゲストはソプラノ歌手の田中美佐代で「赤とんぼ」、「蝶々夫人」など圧巻のステージだった。これだけ聞いて無料は助かる。しっかりコロナ対策を行っていた。


門下生へ

高齢者ではあるが、新人が入門された。
銘管をお持ちで、先ずは音出し。りとチがやっと出るようになった。
9月の2回目はりからチ、レ、ツ、ロが出て、3回目の10月14日はロ、ツ、レ、チ、リ、ロと鳴るようになり、順調だ。

橋本竹咏著「やさしく学べる尺八曲集」を購入してもらって教えている。
その彼に15日に会った。お互い歯の治療についての話で大いに盛り上がった。

毎週月曜日のNHKFM午前11時20分に「邦楽のひととき」があります。聞いてみてください。
又、土曜日のNHKFM午前11時より「邦楽百番」があり、一流の演奏家を中心とした演奏が聴けます。

さらに毎週土曜日にテレビ朝日で「題名のない音楽会」があり、時々邦楽器が出演しています。






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ