北原鈴淳尺八教室in八王子  音楽

  
クリックすると元のサイズで表示します



 
  指導者  鈴慕会 大師範

            
            北 原 鈴 淳







音楽歴  
長野県飯田市立追手町小学校5〜6年で器楽班に入り、小太鼓を担当。

東中学校2年から飯田高校の吹奏楽班でユーホニュームを担当(5年間)

大学の三曲研究部で琴古流尺八を始め、故二代青木鈴慕・人間国宝(2018年8月21日死去)に師事
      
1972(昭和47)年1月 浅草国際劇場の「艶歌のすべて 北島三郎ショウ」 で10日間「仁義」「盃」「誠」を尺八伴奏
      
1976(昭和51)年 渋谷東邦生命ホールで尺八リサイタル
曲目「みだれ」「一定」「箏四重奏曲」「詩曲」「鹿の遠音」「千代の鶯」

1991(平成3)年3月 NHKFM放送「邦楽のひととき」
に「明治松竹梅」出演
さらに1991(平成3)年7月「泉」、1992(平成4)年「末の契り」、1992(平成4)年6月「泉」再放送、など出演

      
2007(平成19)年 北原尺八教室をめじろ台に開設

2021(令和3)年、芸歴(芸道・竹道)55年を迎えた

稽古場 東京都八王子市めじろ台2丁目
      (京王線めじろ台駅徒歩6分)
     
      電話 042−668−1278
(お問い合わせは午前8時〜午後8時まで)

稽古日 日曜日・月曜日・火曜日・木曜日(午前10時から午後5時までの予約制)        
    ご希望により他も可能な日(午前中など)があり、ご連絡下さい。
月謝   
月2回、5000円 (1回約50分間)
月3回、7000円 (1回約50分間)
月4回、8500円 (1回約50分間)
ワンレッスン、3000円 (約1時間)

その他、ご希望により特別ワンレッスン2時間を設けます。(5000円)

入門料 3000円(ホームぺージご覧の方は半額の1500円)
      入門者には自費出版のCD1枚差し上げます。

初心者から対面式で一人一人指導します。まずは基本の音出しから。
 古曲を中心に宮城曲、現代邦楽、歌謡曲までご希望にも応じます。

琴古流本曲 三谷菅垣・雲井獅子・虚空鈴慕・鹿の遠音 など

地唄筝曲  黒髪・千鳥の曲・笹の露・残月・八重衣 など

宮城曲   春の夜・春の海・初鶯・泉・虫の武蔵野 など

現代邦楽  風動・詩曲・一定・萌春・出雲路・箏四重奏曲 など

その他ご希望により 童謡・唱歌・歌謡曲(著作権法に触れない曲)など

体験レッスン 500円(約60分) ご予約ください

初めての方には、安価な樹脂製の尺八「悠」(¥16500税込み=本年1月価格改定)を取り寄せます。竹製欲しい方は、別途ご紹介します。
取りあえず、貸し出し用のプラ管あります。

練習の状況により箏や三絃と時々合奏練習をして、年に一度は稽古場でおさらい会をします。

1976年北原康夫尺八リサイタルより、
杵屋正邦作曲・尺八独奏曲「一定」(いちじょう)が聞けます。
長澤勝俊作曲
「独奏尺八のため詩曲」
上記、青色線をクリックしてください。

金曜日・土曜日は箏・三絃教室も開いています。
こちらのホームページをご覧ください。
http://ivory.ap.teacup.com/koto8/


近況と雑感(5/21) 

お知らせ

5月21日(土)14:30〜17:00フジテレビで「ツギクル芸人グランプリ2022」に漫才コンビ「キュウ」が出演しました。MCは爆笑問題。

「キュウ」は私のいとこの息子が「ピロ」君で、立ち位置は左側で背が高く、眼鏡をかけています。爆笑問題のタイタン所属。残念だったが優勝ではありません。
だが予選を勝ち抜いてのテレビ出演で大したものだ。


美しい五月だ。庭のジャーマンアイリスが満開である。昨年、まとめて移植したのが奏功して立派に咲いてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはコデマリ。

クリックすると元のサイズで表示します

可憐な花だ。

クリックすると元のサイズで表示します

11日、ついに枝豆の種を蒔いた。いつもの通り、鳥よけにペットボトルをかぶせた。
枝豆は気温20度以上で発芽し、約80日で収穫出来る。それで又一杯だ。

高尾山登頂
昨夜来の雨が上がり、10日高尾山に登った。今年初登頂である。

クリックすると元のサイズで表示します

ずっと花粉情報を見ており、収まってからと決めたら、この日となった。
往復リフトであるが、新緑に囲まれ清浄な空気を思う存分吸って来た。

GWを避けたこの日は小学生の遠足もあったが、それ程は混んでいなかった。
山頂ではお決まりの標識で写真を撮った。もうすっかり剥げて来た。
太陽がまぶしく、画面が良く見えないので下手な写真となったが、よりによってトリミングが出来ないので、そのままアップする。

運動不足、体力不足で「ヒイコラ」言いながら、やっとの思いで山頂だった。

クリックすると元のサイズで表示します

雨で空気がきれいになり、太陽が出たのでまさかの綺麗な富士山だった。
11時過ぎ、山頂でおむすびを食べ始めたら、小学生が大勢来たので、あわてて食べ終わって下山した。

高尾駅近くの行きつけの飲食店で、生ビールセット。
いつもいた接客のおじさんがいないので聞いてみたら、昨年8月に80歳で辞めたと言う。毎回「どこのコースで登ったの?」と会話が弾んでいたのに残念である。

高尾山頂上にいる頃、元会社の夜の上司からご機嫌伺のメールと着電が来ていて、下山後電話した。皆さんやはりコロナが心配である。

先日、テレビで「ローマの休日」を途中まで見たので、途中から自宅にあるDVDで続きを見た。オードリー・ヘプバーン主演で可愛い事。やはり何回見てもいい映画だ。

「ローマの休日」で思い出したが、桂文珍の落語に「老婆の休日」ってえ言うのがある。これは面白い。すべてが勘違いの話だ。

お知らせ

このブログは運営会社の都合により、今年の7月末にて終了いたします。

4月7日、私のブログをblog.goo に引っ越しました。(しばらくは両方とも見られます)
新しいブログはblog.goo.ne.jp/reijun-kitayasuまたは左側のリンク集から見られます。
デザインが変わりましたので、興味をもって御覧ください。


門下生へ
稽古を再開しています。
ご希望の方はご連絡ください。


毎週月曜日のNHKFM午前11時20分に「邦楽のひととき」があります。聞いてみてください。

又、土曜日のNHKFM午前11時より「邦楽百番」があり、一流演奏家を中心とした演奏が聴けます。

さらに毎週土曜日にテレビ朝日で「題名のない音楽会」があり、時々邦楽器が出演しています。







※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ