リヒテルのドキュメンタリー  オンエア・クラシック

◆リヒテル 〜謎のピアニスト〜
 まだ2ヵ月も先のことですが、NHKのBS2「クラシック ロイヤルシート」で7月30日に「リヒテル〜謎のピアニスト〜」が放送されます。番組の概要はNHKの公式サイトこちらの「7月」をクリックしてご覧ください。

 そういえば私は、リヒテルの演奏は聴くけれど、その人となりはほとんど知りません。「プロジェクトX」でヤマハのピアノ製作者とのエピソードが取り上げられたことも、後になって知りました。

 ドキュメンタリー「〜謎のピアニスト」の完成は、リヒテルが亡くたった年(1997年)ですが、2年もの歳月をかけて制作されたものだそうです。私はちょっとミーハー気分で待っています。

 私はリヒテルに限らず、演奏には優しさとか愛らしさを好むところがあるので、かのリヒテルの音盤でも、小さな音で演奏される部分から伝わってくる繊細さに惹かれます。力強い音に定評のあるこのピアニストにはちょっと失礼な惚れ方ですが、強いところと同じく繊細なところも、この4時間に及ぶドキュメンタリーで再確認できたらいいなあと思います。


 それからハイビジョン放送ですが、ソ連時代、バレエのために作曲されたプロコフィエフの「シンデレラ」とショスタコーヴィチの「ボルト」に振り付けられたコンテンポラリー・バレエも放送される予定です。
NHK BShi ハイビジョン ウィークエンドシアターより

モナコ公国モンテカルロバレエ
 「シンデレラ」
(2007年2月制作の映像)
 2007年7月14日(土) 22:00〜翌01:40
 22時からの東京バレエ団公演「ジゼル」に引続き放送予定

ボリショイバレエ
 「ボルト」
(2006年9月、ボリショイ劇場で収録)
 2007年7月21日(土) 21:00〜翌01:00
 ↑放送時間が4時間に及んでいますが、これは「ボルト」のあとでパリオペラ座バレエによる「若者と死」(音楽:J.S.Bach、パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582)及び「カルメン」(音楽:ビゼー)が放送されるためです。

 「ボルト」は、 社会主義リアリズムの立場から激しい批判にさらされ、その後30年間上演されることのなかった作品だそうです。(NHKの番組詳細より)
0



2007/6/1  23:45

投稿者:sweetbrier

カーチャさん、こんばんは♪
モンテカルロ・バレエの「シンデレラ」、思い出しますね! しばしのご辛抱です。BS2でもきっと放送がありますよ。いつもそうだもの。のちほどカーチャさんちにも遊びに行きますね−(^_-)−☆

2007/6/1  22:51

投稿者:カーチャ

こんにちは〜。
そうですかぁ・・・、モンテカルロ・バレエの「シンデレラ」はハイビジョン放送なんですね・・・見られないよぉ・・・・シクシク(ToT)
待ってたらBSで再放送してくれるかしらねぇ?

2007/5/31  23:45

投稿者:sweetbrier

吉田さん、こんばんは。
わわ〜っ、これって既に映像盤が発売になっていたんですか! じゃ、ウェブで探せばあるかもしれませんね。あとでやってみます。
ありがとうございましたm(_ _)m

グールドとは手紙のやりとりもあったとか? ピアニストたちの友情…近寄りがたいけれど憧れます〜。

2007/5/31  22:23

投稿者:吉田

こんばんは。
リヒテルの「謎」、LDで持ってマス。シューベルトの変ロ長調がテーマ曲になっているのですよ。
確かグールドのインタビューの映像がありました(最近観ていないので…)。モスクワなどで交流があったみたいですね。彼はリヒテルを「現代において最強の音楽の伝道師」と評していました。

http://beethoven.blog.shinobi.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ