プロコフィエフの日本滞在日記  読書

 今から遡ること89年前の1918年5月31日、ウクライナ生まれの作曲家セルゲイ・プロコフィエフは革命後のロシアを脱出し、敦賀に上陸しました(モスクワ→ウラジオストック→敦賀)。目的地はアメリカです。彼にとって日本は経由地であったのですが、思いがけず2ヶ月間も滞在することになります。

 この日本に滞在していた期間のプロコフィエフの日記を、日本語で読むことができます。

 プロコフィエフの日本滞在日記

 これは、お茶の水のニコライ堂に併設されていたニコライ学院(既に閉鎖されたとのこと)でロシア語を学ばれた女性が、学院閉鎖後も学習を継続され、プロコフィエフの遺族(息子のスヴャトスラフさん)の了解をとって公開されたものです。

 もう2年も前にブログの形で公開されたので、ご存知の方も多いかと思います。これは2002年にフランスで出版された日記のごく一部分です。

 Сергей Прокофьев,《Дневник 1907-1933》
 Sergey Prokofiev, 《Diary 1907-1933》
 (上下2巻で2000ページ超、ロシア語)

 ブログ「プロコフィエフの日本滞在日記」によると、プロコフィエフの日記はモスクワの国立中央文学芸術文書館が所蔵しており、息子のスヴャトスラフさんは1980年代にこの文書館に通い詰めて日記を筆写されました。ロシア国内では出版社が見つからず、自費出版になったそうです。

 このブログではプロコフィエフの日記だけでなく、それが出版されるまでの困難や、日本語訳者のその後の着実な活動などを読むことができます。

 プロコフィエフがロシアを脱出するまでの経緯や日本でのコンサート、音楽家との交流なども興味深いのですが、鉄道が好きな私は、シベリア鉄道の車内や日本国内の旅について書かれたところが、分量が少なくて簡潔ゆえに空想をかき立てられておもしろかったです。

 そういえば昨日取り上げたリヒテルの初来日は1970年、シベリア鉄道とナホトカからの船便だったそうですね。上陸場所は敦賀ではなくて大阪。車窓から「太陽の塔」を見たのかな?

 ええ〜ところで、シンデレラ作曲の経緯については結局わかりませんでした。プロコフィエフは、ソ連に帰ってからの日常や心情を書き残すことができたのでしょうか。
0



2007/6/5  17:36

投稿者:sweetbrier

こちらにもコメントありがとうございます。なんだか最初っから愉快ですね、交響曲連番マンスリー。ゼロ番、プロコ3重奏、エルガー。。。
神経戦(!?)が高じて眠れない夏の夜の夢に迷い込みませんように(^_-)。


http://ivory.ap.teacup.com/sweetbrier/

2007/6/5  0:33

投稿者:Niklaus Vogel

sweetbrierさん、こんばんは! 過日お互い下記のコメントを記しつつ、手の内を隠していたのですね…(笑)。sweetbrierさんのエントリーも楽しみにしています!

http://yaplog.jp/niklausvogel/

2007/6/3  0:01

投稿者:sweetbrier

こんばんは。(@_@)
わわ、どうしよう。私の方こそ、面目ありません。ごめんなさいね〜。いつも温かいコメントくださって、ほんとにありがとうございます。

> 私のエントリーにはある「仕掛け」(サブ・テーマ)が隠されているのですが

はい。それを推測するのが楽しみです。マンスリー企画はほんとにすばらしいですね♪ 

2007/6/2  21:27

投稿者:Niklaus Vogel

sweetbrierさん、こんばんは! ケンペのシュトラウスの件、あれは拙ブログでの私の書き方がまずかったのです。ごめんなさいm(_ _)m

> R.シュト〜の出現を感知されたら迷わずスルーしてくださいませ。
それはできません(爆)。sweetbrierさんがどのようなものをお聞きになられているかは興味津々です!

> 交響曲エントリー合戦
私のエントリーにはある「仕掛け」(サブ・テーマ)が隠されているのですが、これはその渦中にいない方が(sweetbrierさんを含めて)早く気づくかもしれません(笑)?!

http://yaplog.jp/niklausvogel/

2007/6/2  1:17

投稿者:sweetbrier

Niklaus Vogelさん、こんばんは。
そうだったのですか! ブログネーム初出のサイトだったのですね。「本編が待ち遠しかった」とはアンテナの感度超絶、さすが!
これからは、情報検索に窮したらお伺いに参りますぞ・・・冗談です、心配しないで。

ケンペのシュトラウス全集、私は何を勘違いしていたんでしょうか、失礼しました。
友情の軛でなんだかえらい目に合われた由、これからは拙ブログにR.シュト〜の出現を感知されたら迷わずスルーしてくださいませ。

今月はしじみさんとの交響曲エントリー合戦…もとい、交響曲夢の饗宴(競演、協演???)、存分にご活躍くださいね〜。

http://ivory.ap.teacup.com/sweetbrier/

2007/6/2  0:04

投稿者:Niklaus Vogel

sweetbrierさん、こんばんは! 「日本滞在日記」は素晴らしいものでした。予告編から本編が始まるまで待ち遠しかったこと、毎日が楽しみでした。因みに、たぶんここでのコメントで初めて今の私のブログネームNiklaus Vogelを用いたと思います(笑)。(2005年8月2日。)
ところで、ケンペのシュトラウス全集は私は所有していないのです。高校生の時にLPで知人にさんざん聞かされて…。もう曲のことは殆ど覚えていません(笑)。

http://yaplog.jp/niklausvogel/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ