氷上のスワン・レイク  バレエ・ダンス

 今日は西宮の兵庫県芸術文化センターへスケート・バレエ「氷上のスワンレイク」を観に行きました。

 いや〜もう、ハラハラドキドキし通しでした。狭い舞台で大柄なスケーターがグルグルザクッと鋭いアクションをする度にブルブルドキッ! 相変わらず気が小さいワ。まだ東京公演があるので、ネタバレしすぎないように感想を。


インペリアル・アイス・スターズ
Swan Lake on Ice

 《キャスト》
  オデット:オルガ・シャルテンコ
  王子:ワディム・ヤルコフ
  オディール:スヴェトラーナ・マスケヴィチ
  ロットバルト:アントン・クリコフ
  ベノ:アンドレイ・ペンキン

 素敵なショーでしたよ。ワイヤー、氷上の炎、高下駄のようなスケート靴(?)など、仕掛けやお道具の面白さはショーならでは。やはりリフトとジャンプ、高速回転などで会場が沸きました。あと、白鳥たちの柔らかな群舞(というのかな、滑走ね)などもきれいでした。バレエの群舞に要求される「出来るだけ足音をたてないコールド」の条件をクリアしていて、素晴しかったです。腕や上半身の柔らかさも、スケーターの「白の場面の滑走」に相応しくてきれいでした。

 オデットとオディールは個性の違うふたりのスケーターが存分に演じてくれました。オディールはバレエ作品ほどの魔性はなかったです。オデットは、闘う姫というキャラクターが強く、魅力がありました。

 1幕の城の場面から休憩無しで湖畔の白鳥たちのところに場面転換するのですが、それがとてもうまく演出されていてよかったです。

 オデットと王子のパドドゥは、他のスケーターたちの滑りとはがらりと雰囲気が変わり、出会いと惹かれ合うふたりの情感がよく表現されていました。やはりここが白眉でした。

 男性はダイナミックなリフトに欠かせない大柄なスケーター、スピーディーでアクロバティックな個人技を見せる細身or小柄なスケーター、外連味たっぷりのベノ(王子の従兄弟だっけ?フィナーレでも、いつになったらオデットとジークフリートをふたりきりにしてあげるんだろう?と不審に思っちゃうほど活躍してました)、そして表現力と筋力、スケーティングの美しさの3拍子揃ったジークフリート王子。それぞれ手堅いお仕事でした。

 ウクライナ出身のスケーターが多いようですね。←これ、間違い。ほとんどロシア出身でした。
ラインのきれいな人が何人かいました。

 ラストシーンのことは、ストーリーや演出がネタバレするので書きません。が、ひとつだけ。演技と力業で大活躍のジークフリート王子は、髪も顔も上着もすっかり「大仕事完遂」の様相、バレエと違ってリアルだったわ。ほんとに闘ったのね。直後のカーテンコールではきれ〜いにリフレッシュして登場。
大拍手〜
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ