未来との交信  演奏会

 水辺に春の光があふれる大津、今日はびわ湖ホールで古典四重奏団のレクチャーコンサート、その第2章でした。

◎プログラム◎
 ◆ベートーヴェン:
    弦楽四重奏曲 第4番 ハ短調 作品18−4
     第3楽章
   
 ◆レクチャー 第2章
   ロマン派を飛び越えて
    〜未来との交信〜

3月21日追記:
 このエントリーにトラックバックしてくださった凜虞さんが、ブログString Quartetのコメントでレクチャーの流れを教えてくださいました。私の覚え書きは不完全でしたので、凜虞さんのコメントを見出しに転載させていただきました(赤い文字)。


  ♪作品の曲想
   「悲しみ、悲劇、悲愴感、内省」について

   〜古典派、ロマン派そして現代的な
            …未来との交信?〜
   概念的な悲しみ(ハイドンの曲想三択クイズ)
   ハイドンにとっての“mesto、悲しげに”
    (古典派・意味の概念化)

    ハイドン:
    弦楽四重奏曲 ニ長調 作品76−5「ラルゴ」
     第2楽章より

   悲しみの叙情的表現
   ベートーヴェンにとっての“悲劇”
    (古典派の革命・悲劇の鑑賞)

    ベートーヴェン:
    弦楽四重奏曲 第1番 ヘ長調 作品18−1
     第2楽章より

   さらにロマン派ふうに…
   ベートーヴェン&チャイコフスキーにとっての“悲愴”
    (ロマン派・聴衆との感情の共有)

    ベートーヴェン:
    弦楽四重奏曲 第7番 ヘ長調 作品59−1
    「ラズモフスキー第1番」 第3楽章より

   ロマン派の叙情
    チャイコフスキー:
    交響曲 第6番 ロ短調 作品74「悲愴」
     最終楽章より

   ロマン派を飛び越えて(内省的な…)
   (リーフレットには「内在する真情の吐露」)
   そしてロマン派を飛び越えたベートーヴェン後期の
   “外から立って自分の内面を見つめる慟哭”

    ベートーヴェン:
    弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ短調 作品131
     第6楽章より

  ♪曲想と聴衆の共感
  (苦悩、歓喜、場景描写、カタルシス)
  (ロマン派・聴衆との感情の共有)
    ベートーヴェン:
    交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」
    第1楽章と終楽章より

  ♪第14番のダイジェスト(簡単な説明つき)
   (ハッピーな中間部)
   (第1楽章の対岸に終楽章。最後には意外な結末?)
    ベートーヴェン:
    弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ短調 作品131
     各楽章より

  ♪失念 組曲
   ベートーヴェン:
    弦楽四重奏曲第13番 変ロ長調 作品130
     第2楽章

休憩

 ◆弦楽四重奏曲第8番 ホ短調 作品59−2
   《ラズモフスキー第2番》

休憩

 ◆弦楽四重奏曲第14番 嬰ハ短調 作品131

演奏:古典四重奏団
   川原千真〔第1ヴァイオリン〕
   花崎敦生〔第2ヴァイオリン〕
   三輪真樹〔ヴィオラ〕
   田崎瑞博〔チェロ&お話〕

 今日のレクチャーは弦楽四重奏において主に「悲哀、悲愴」がどのような音楽となって聴衆の前に立ち現れたか、ベートーヴェンにおいては、どこまで深められていったか、というような話だった…と思います。

 情感云々なら なんとなくわかる気がしたのですが、「内省的な音楽」のところでゴツンと壁に突き当たりました。

 ベートーヴェンさんは、交響曲のように苦悩から歓喜への高揚、場景やそこにおける心情描写を共感できる作品を生み出した後、「もっと高みを謳いあげる」と同時に「内省的」で「真情の吐露としての性格」も持ち合わせている後期弦楽四重奏曲に至ったのだとか。

 私には未だそんなふうに聞こえないよ。

 また、きょう演奏された第14番は「楽章の概念を超越したともいえるフォルムを有して」おり(中略)「それぞれの結合が有機的なため」(中略)「たったひとつの想念が一貫して聴くものに訴えかける」とか。

 まだまだ それがわかる私ではありません。今のところは「ハッピーな中間部」に好きなところがいくつかあって、そのあたりを取り出して楽しんでいます。全体の理解に達するのはいつのことか覚束きません。

 今日はとにかく覚え書き。いつの日か、このエントリーを読み返して苦笑する。うん、これは未来の私が過去と交信するための覚え書き。そうなるといいな。
0



2008/3/17  23:08

投稿者:sweetbrier

凜虞さん、こんばんは♪
昨晩はお疲れでしたのに、訪れてくださったんですね。ありがとうございました。

第14番、全体を見渡して理解するのは、私にとってまだまだ途方もないです。私にも早く見えたらいいな〜。
凜虞さんの感想、楽しみに待っています。

演奏後の交歓会は出席していません。
わわっ、参加者はひとりずつお話になったんですか。ブルブル(行かなくてよかった。でも凜虞さんの質問やコメントはお聞きしたかったナ)。

昨夜はレクチャーの内容を書き留めるので精一杯でした。今夜はグールドの演奏する後期ピアノソナタ3曲を聴きつつ、田崎さんのお話を思い出しています。

古典四重奏団の第14番って、最後になるほど凄みが感じられて、なんだか怖かったです。あれを聴くまでは、理が勝った音楽家さんたちだと思っていましたが、それだけじゃなかった…

http://ivory.ap.teacup.com/sweetbrier/

2008/3/17  22:47

投稿者:凛虞

sweetbrierさん、こんばんは!
昨晩このエントリーにコメントをかきつつ寝てしまいました(≧∇≦)
第14番は19世紀までの音楽史上、最も難解な曲の一つと思えます。ところが、いったん「見えて」しまうと、古今東西の芸術の最高峰などと思ってしまいます(笑)。
私の(短い)感想は木曜日にまとめようと思います。
ところで、演奏後の交歓会には参加されましたか?一人一人個別に質疑応答というスタイルに緊張してしまいました(゚∀゚;
それにしても遠出したかいがありました。「あのような演奏、なかなか聞けるものではない」と思いました。

http://shostakovich.blog.shinobi.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ