つぐない  映画

 映画「つぐない」 (原作はイアン・マキューアン 「贖罪」→
過去記事)を見てきました。

 まず、原作では分量が多くて読み進むのに難儀する第1部前半を、映像に語らせることで心地よい流れのあるものに仕立てたのは秀逸。これはいいぞ♪と思いました。

 原作の第1部(1935年のある1日、タリス家の別邸で事件が起こる)は、人物造形や心理、場景描写がてんこ盛りです。映画はそのディテールまできちんと描いて、しかも もたつかない。よく計算された昼と夜の光、野原や川辺の風景、カントリーハウスの調度、その中にさまざまな衣装を纏った俳優たちの姿。主役3人のズームアップが美しい。どことなく けだるさを漂わせるカントリーハウスの写真集をぱらぱらと見たような印象とともに、登場人物やストーリーへの興味も繋ぎとめてサッサと離陸です。

 残念ながら、その後がもの足りない。2時間余に原作の全3部+エピローグを収めようとすると、分量が多すぎたのでしょう(本編130分)。映画化すれば、原作にいくぶんのカットと改編などは当然のことだと思います。しかし映画の中盤と後半(原作第2部と第3部)は、ブライオニーの行動に絞り込まれたため、原作にある「贖罪は可能か」、「愛とは何か」についての探求が甘くなってしまった思いました。ま〜その〜、映画は娯楽なんだから、やたらと思索を迫るものではないということかな。

 それにしても映画を見ただけでは、どの部分が事実で、どの部分がブライオニーの(「見ていないことは人から聞いた」という)創作なのか、わからない。だから、彼女が贖罪としてどれだけのことをしたか、その経緯も含めてかなり曖昧です。

 また、ブライオニーは脳の障害を宣告され、作家としての死を目前にして小説を完成させたのですが、発表(=偽証を公にする)までにどうしてそんなに時間がかかったのか、説明されていません。

 これでは、原作を読むより先に映画を見た人が、彼女の「贖罪」に対してフラストレーションを抱くのではないかと思いました。原作ではどうだったかというと…

 贖罪を成し遂げることは不可能です。ブライオニーは、自分が壊してしまった恋人たちの人生を元に戻すことはできません。マキューアンが書いたのは、ブライオニーが壊してしまった人生を贖罪によってどれだけ修復したかということではなく、偽証をした後の人生をどう生きたかということだと思います。彼女が生涯をかけて為したのは、彼女自身のための あがない なのだというのが、私の読後感です。 

 それからもうひとつのテーマ、愛について。
 いや〜、これは困る。訳者のあとがきに、マキューアンのコメントが引用されています。

 「19世紀の小説においては、愛というのはまったく自然に主題となりうるものでした。20世紀の終わりにあって、それと同じ方法で愛というものを探求することが可能でしょうか?」

 どうでしょうね。読者としてもこっぱずかしい。でもね〜、それは「贖罪は可能か」というテーマとともに、この原作の屋台骨を支える問いなのよ。

 マキューアンは英国の博物館の資料部で、当時の兵士や看護婦たちの私的な手紙、日記、回想記を閲覧しています。そのほか、第2次大戦ヨーロッパ開戦初期のダンケルクを題材にした著作物、当時の女性の視点から描かれた書物なども参考にしたそうです。映画ではほとんどカットされましたが、フランス戦線で本隊からはぐれてダンケルクまで敗走するロビーの身に起こること、彼が考えたこと、そして18歳のブライオニーとロビー、セシーリアが再会する場面を書くためです。そしてそれらを含む第2、第3部は、第1部にも劣らないボリュームになっています。

 映画を見て、ブライオニーの贖罪は不十分だ、ロビーとセシーリアは全く救われないと感じられた方には、この第2、3部と訳者あとがきに「愛について」書かれているので、よかったらどうぞ。

 端折られてしまった第3部から、私が映画で観ることを最も期待したのに見ることができなかった場面を引用します。この場面、映画にもあったのですが、第1部であれだけ映像に語らせることに成功していたカメラが、詰めの甘いカットしか撮れてなくて、伝わってくるものが希薄でした。

 心のなかに戦場の記憶がどっと流れこんでくるのをロビーがどうしようもないことは、彼女(ブライオニー)にも分かった。記憶の洪水で口がきけなくなっているのだ。いかなる情景の記憶がロビーの心に嵐を呼んでいるのか、自分(ブライオニー)が知ることは決してあるまい。
(中略)
 彼女(セシーリア)はブライオニーに背を向け、ロビーと向き合って彼の両肩に手を置いた。ロビーは顔をそむけた。
 「わたしを見て」セシーリアはささやいた。「ロビー。わたしを見て」
(中略)
 ついにロビーはセシーリアと眼を合わせたが、セシーリアはロビーの頬を手ではさみつづけた。(中略)セシーリアは言った。
 「戻ってきて・・・ロビー、戻ってきてちょうだい」


 最後に、これは18歳のブライオニーが見習い看護士をしていたときのことですが、この小説について象徴的な叙述だと思うところです。

 この新しい、肉迫的な視点から、ブライオニーは自分も他のものたちもうすうす知っておりながら目をそむけてきた単純明快な事実を実感した ― 人間とは、まず第1にひとつの物体であって、たやすく裂けるが修復は難しいのだ。

贖罪
 イアン・マキューアン著
 小山太一訳 新潮社/2003年
0



2008/6/1  9:58

投稿者:sweetbrier

仁菜さん、コメントありがとうございます。嬉しいです。
イアン・マキューアンの“Atonement”、英国での発表は2001年の夏です。日本では2003年に単行本が出ていて、これは全3部が1冊になっています。私はこれを図書館から借りて読みました。

仁菜さんは第2部の戦場の場面が、映画では長く感じられましたか。あれでも原作のエピソードをいくつもカットしているんですよ。やっぱり興行的には、そこまで盛込むのは無理なのでしょうね〜。私は、この部分は第1部よりも集中して読むことができました。なので、ロビーが衰弱せずにダンケルクまで辿り着いたときには「早すぎ」と思いました。

感じ方は人それぞれだと思います。私は、残念ながらこの映画では、ロビーとセシーリアの愛が運命と戦った(運命を変えようとした、という意味ではありません。なすすべがない運命の中で、見えない相手の方を向いて立ち続けたという意味です)、その部分があまり迫ってこなかったと思いました。

「読者があっと驚く結末」は、文字で読めるので、映画よりずっと確実にこの小説のプロットが仕組んでいるものが見えてくると思います。お楽しみに♪

http://ivory.ap.teacup.com/sweetbrier/

2008/6/1  3:45

投稿者:仁菜

(長すぎたので、続きです)
愛については、確かにね。最初、この映画の情報を知った時、(監督が同じせいか)「プライドと偏見」のようにヴィクトリア朝の物語かと思ったのですが、もっと現代に近い時代設定なのですね。その点では、愛があそこまで貫けるものなのか、疑問は残りましたね。もしかしたら、長い別離の果てに、お互いの気持ちが離れてしまうのではないか、ということも考えられたのです。事実、ブライオニーが姉を訪ねた時、彼女の部屋に来ていたのは別の男性ではないかと思ったのです。そうしたら、ドアの向こうにロビーがいて、逆に驚きましたね。あ、帰って来られたんだと。そうしたらまた、再び軍に戻らなければならないということで、まだ彼の冤罪は晴れていないのか、としか思えなかったのですが。

そもそも、後で考えるとこれも不自然でした。むしろ、二人が(再会できたとしても)以前と同じ感情を持ち続けることはもはや不可能なのではないかと思いました。その方が自然のような気がしたのです。あそこまで二人の愛を成就させようとする点(特にラストの場面)が、かえって事実と違うという風に思えたのは考えすぎでしょうか。「もしかしたら、こんな風に二人は幸せでいられたかもしれないのに」という最後のナレーションが、かえって、そんなことはありえないのでは、という気持ちにさせました。しかし、一方、二人の味わった地獄のような日々を考えると、あのような幸せな場面もあってよかったのか、とも思います。ま、ああいう結末ゆえにこの物語は「究極のラブストーリー」になったのでしょうが。

いずれにしても私はまだ原作を読み終わっていないので、読後には違う思いを感じるかもしれませんが。とにかく、「読者があっと驚く結末」というのが、映画によって中途半端にされたのではなければよいが、と願いつつ早く最後まで読みたいと思っています。


http://ninajewel.blog90.fc2.com/

2008/6/1  3:25

投稿者:仁菜

こんばんは。
「つぐない」観られたのですね。
私の方は「贖罪」を読み始めました。が、文庫本で上下に分かれており、ネットで買ったら下巻が来るのは6月下旬になりそうなのです。
上巻の方は、(私にしては)すごい勢いで読みかけているのですが、(電車や待合室、喫茶店などで読むために)文庫本にしたので、途中失速するかもしれず、また、「上」を早く読み終えても「下」がなかなか来なかったらストレスが溜まりそうです。(でも近くの書店には置いてなくて)これ、発表されたのは結構前なのでしょうか?上巻の奥付には'opyright 2001 by Ian McEwan'となっていますが。

「上」は第1部で終わっているようなので、その後がどうなっているか、チラッと見ることさえできませんが、映画は後半が物足りないのですね?
私は映画しか知らないので、戦争の部分が(ロビーが戦場から故国へ戻る道が)ずい分長いように(オデッセウスのようになかなか国へ帰れないと)感じたのですが、それでもカットされているのですね?

>映画を見ただけでは、どの部分が事実で、どの部分がブライオニーの(「見ていないことは人から聞いた」という)創作なのか、わからない

そうなのですか?私はあの映画の中ではわかるように思えたのですが。例えば、第1部は、ブライオニーの見た光景と、実際にあったことが両方とも描かれているので、その辺りはわかるように思うのですが、もっと別の箇所でわかりにくい点があるのでしょうか。

>原作を読むより先に映画を見た人が、彼女の「贖罪」に対してフラストレーションを抱くのではないか

確かにそうです。あれでは「贖罪」と言えるかどうか。その意味で切ない物語だと感じたのですが。



http://ninajewel.blog90.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ