花はまだか  四季折々

 あいかわらず気ぜわしい毎日を送っています。

 CDやDVDを視聴してブログに感想を書く、といったことは全くできていませんが、何人かの先達のブログから情報をいただき、2年ほど前から集中的にクラシック音楽の音盤を聴いてきた甲斐あって、日常でお茶を入れるように、カーテンを選ぶように、CDを取りだしてほんの30分足らずでも楽しむ、そんな生活は続いています。重厚長大ものからは、さすがに遠のきましたが…。

 バンビ〜ノあらため末っ子の坊主が志望校に合格したという報せが1週間前。いまどきはウェブで合否が確認できるのですが、しかしそれって心配性の人には一時の気休めにしかならないと、そのとき思いましたです。自信がなかったのはわかるが、画面を拡大したり、携帯電話で証拠写真(?!)を撮ったり、再度アクセスしたら訂正されちゃってるんじゃないかなんて、、、感激したんだね、たぶん。

 ちょうど週末だったので、すぐに部屋捜しに取りかかりました。時間がかかると予想していたのですが、現地入りして2時間くらいで「決〜めた♪」と上機嫌のメールが。男子は屋根があれば多くは望まぬらしい。一昨年の東京部屋探しとえらい違い。バレエのチケット料金は東京並みの名古屋ですが、賃貸室料は意外とリーズナブルであった。



 東京の大学生も、なんだかんだ言って新しい部屋にお引っ越し。今のところは住宅街で落ち着いた感じなのだが、駅から遠いとか。私は好きだったのだけどねえ、あの部屋。というか、あの街全体が好きなのだ。

 ひねもすのたりのたりかな…じゃないけれど、大海原のように見渡す限りゆるゆるとした起伏が続く地形(山が見えん)。数十年前は、そこらじゅう藪と雑木林と練馬大根の畑だったのだろう。「鐘が鳴りますキンコンカン♪」なんて歌が似合う、こざっぱりしたつつましい街並み。ロバのパン屋さんが向こうからやって来る・・・
↑関西人が抱く根拠のない幻影。

 あのまちには、今でも畑や竹藪がポツポツと残っています(田舎なんだって)。エレベーター付きの鉄筋マンションでさえ、住人がしばらく留守にすると、やせこけた狸のつがいがベランダで営巣していたりするんであります。久しぶりに帰宅した部屋の住人の、仰天している顔をじーっと見て「あれ?空家じゃなかったの」とでも言いたげに。臆病な連中らしくて、しばらくすればおとなしく引き払うんだそうな。

 さてさて、早く用事をかたづけよう。
0



2009/3/17  21:38

投稿者:sweetbrier

仁菜さん、ありがとうございますm(_ _)m

> また掘り出し物がございましたらご案内いたします。東京よりは近い分、旅費もリーズナブルで時間短縮かな?

はい!よろしくお願いします。
仁菜さんのブログによると、パリオペラ座公演が出色でしたよね。
乗り物は、新幹線のほかに近鉄特急もありまして、そちらも使ってみようかな♪と、楽しみにしています。

ハンブルクバレエの公演が終わり、手もとには5月のデンマーク・ロイヤルバレエ団公演のチケットがあるのみです。また機会がありましたらよろしくです〜。

http://ivory.ap.teacup.com/sweetbrier/

2009/3/17  4:10

投稿者:仁菜

息子さんの大学合格おめでとうございます。
名古屋なんですね。ということは、お会いする機会が増えるということでしょうか?
>バレエのチケット料金は東京並みの名古屋ですが、賃貸室料は意外とリーズナブル
その通りなんですよ。関西をパスして(東京と)名古屋のみの良い公演というのはなかなかありませんが、また掘り出し物がございましたらご案内いたします。東京よりは近い分、旅費もリーズナブルで時間短縮かな?飛行機のようなわけにはいかないかもしれませんが。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ