長崎へ  

 連休前半は友達を訪ねて西国路から長崎まで行きました。どこもかしこも、初めて行く土地です。人に会うのが目的でしたから、行き先の風物に興味は持っていませんでした。でも、友人やご家族の歓待のおかげで、次の機会には、もっといろいろ見て歩いてみようかと、早くも再訪を目論んでいます。

 1日目は、高校時代の友人が待つ広島のとある街へ。著名な作家が逗留して小説を書いた旅館(家?)が、ビルの狭間にあるというのです。今は料理など出して静かに過ごせる、隠れ家のような店だとか。行ってみると、そのたたずまいは友人から聞いていたとおりでしたけれど、店主はその旅館ではないと言いました。

 昭和モダンの名残を留めた洋間に自然光が浅く差し込む部屋の、曰く因縁や料理に気圧されることなく、旅は上々のスタートでした。

 長崎は、このうえない晴天でした。午前中は連れの所望する亀山社中界隈と風頭公園を歩き、午後は海へ連れて行ってもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

 長崎の海が、こんなに美しいとは!
クリックすると元のサイズで表示します
 岩場の端に立って見ると、すぐ近くにコバルトブルーの熱帯魚が数匹群れているんですよ。あと、私にはそんなふうに見えなんだが、イカの赤ちゃんだというオタマジャクシみたいなフワフワとか。海はまだ夏なんですかね? 友人たちは服のままザンブリと飛び込んじゃいましたよ。うむむ、こんなことなら予習しとくんだった。

 夕食は、魚を食べに料理旅館へ。でもね、昼ご飯に生麺を揚げて作ってくれた皿うどんを食べ、海から帰ったおやつには岩場で採ったテングサを乾燥させて作った自家製トコロテン(三杯酢)を食べ…して、魚の入るところがなかったよ。

 最初に甘エビの躍り食いが出てきたときには、思わず「こんなん食べるの?!」と声をあげてヒンシュクを買うし。

 ダッテ、コッチ睨ンドウデ。暴れるし。そこらじゅうに雫が飛ぶし。
クリックすると元のサイズで表示します
 友人に頭を取ってもらい、なんとか口に入れてみますと、意外にも少し甘くて、噛むと殻がぱりぱりと音を立てました。海よ、ごちそうさまでした。

 土産に、乾燥テングサをもらいました。レシピつき。次の週末に作ってみるとしよう。
クリックすると元のサイズで表示します
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ