7回目の秋  四季折々

 昨年のバレエ「ロミオとジュリエット」の感想から1年。このブログを始めてから7回目の秋を迎える。
 不精者の私も、1年を超えるほったらかしは止めたいと、最近は特に気になっていた。ブログを通したコミュニケーションが、どうしてもほしいわけではなく、メモするだけならネット上になくても、とは思ったが、すっぱり消える決心がつくまでには至らず…。

 この7年の間に、仕事に就き、就業時間が増え、ブログの更新も音楽を聴くことも間遠になっていたのだが、この夏あたりから少しずつ、仕事と家事以外のことに時間を使えるようになった。
 久しぶりに聴く音盤は、どれも懐かしい。どんな演奏だったかを最後まで知っているだけに、音楽が聞こえ始めるとすぐ、その感慨の洪水に見舞われる…とは言い過ぎか…じわじわではなく、一気にビショビショに…ちがう、どっぷり…もとい、



やめ。


 本は、必要に迫られて、テーマなるものに沿って読むのではなく、読みたいものを手に取れるようになった。旅行は、日帰りを含め、たまに行っていた。なんだ、時間あったんじゃん。

 バレエや音楽のコンサートに行く回数は、めっきり減った。行ってみたいと思う公演がないから。海外からの来日公演が以前ほどではないと思うのは、視野狭窄のせいかしら。

 仕事によって生活が変わり、体調も変わる。よくないことが多かった。
 不調を訴えて整体院などに行くと、ついに「運動不足ですよ」と言われてしもうた。

 そんな馬鹿な! 半日以上、狂ったように歩き(走り)回っていることもあるし、次々と腰痛を訴える同僚のなかにあって、任せなさいと力仕事もやってるし、電話とりつつパソコンから目を離さず、後ろから聞こえてくる話の内容もキャッチしつつ…と言いたいところを押さえて、何が必要ですかと教えを請うてみる。

 筋トレだって。

 半信半疑でやってみる。

 整体師の言うたことは、ほんまやった。その後は ほとんどのことが好転し、頭の錆も溶けて流れていったらしく、こうしてブログの更新なんかしている。

 以前のようには、書けないけれど、パソコンのドキュメントに記録しているメモを、ここにも書き込んでいくことにするかな、と思っている。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ