紙魚子の小部屋

紙魚子(しみこ)のユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物のあれこれ、家族漫才を、ほぼ毎日書いています。

 
 引っ越しました。 この続きは『紙魚子の小部屋(2009秋〜)』 http://blog.ap.teacup.com/tanukitei/をご覧下さい。 ☆★☆プロフィール☆★☆  生まれた時から滋賀県在住。『上を向いて歩こう』がヒットした年に生まれる。星座=魚座/血液型=A型。だが夫に言わせると「あんたはA型やない、クワガタや」。時間貧乏だが「濃い」家族がいるので、話題に事欠かない。

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:紙魚子 
ようこそ一葉さん、はじめまして。
すっかり川の生態系が変わってしまったんですね・・・川のうめき声が聞こえて来そうな話です。そういえば、琵琶湖でアリゲーターギー(でしたっけ?)が捕獲されたというニュースもありましたよね。鮒寿司用の鮒も激減して、鮒寿司屋さんを追いつめているという話もありますし。
東京の隅田川や八幡堀のように、人間の努力で少しでも復活できればいいんですけれど・・・。
投稿者:一葉
1990年頃ですが淡水魚掬いをして(^-^)楽しみました。ヤリタナゴ、アカヒレタビラ、シマドジョウ、メダカなど、小さくて可愛いい日本原産の魚でした。その中でも、ムッチャ可愛くて、浅瀬で泳いでいる小型のカマツカは、まるで蝶々がヒラヒラ泳いでいる様な可愛らしさでした。一番大好きな淡水魚です。台風など増水して2日後に行くと水が穏やかに澄みきっていて、カマツカが100匹以上掬えました。でも今はブラックバス、ブルーギルにうめつくされました。もう川には全く興味をなくしました。
投稿者:紙魚子 
そーです! 奇跡的に販売されていおりました。全国区のイオンの向かいで、互角に勝負できている「スーパー魚忠」。ここにはときたまとんでもない物があります。
このときは、夕方の「5時から市」がスタートしており(一気に生鮮食料品の値段が下がる時間帯)、半額!のシールがパックにぺたりと貼られておりました。
でもねぇ、パックのカマツカさんにはヒゲがなかったので、全員女子らしかったです。
カマツカさんたちの行く末については今日のブログをご参照下さい。
投稿者:aska
うわ!!カマツカ食べたんですか!?
ってゆーか・・・売ってたんですか!?
すごい。

小骨対策、鮒の甘露煮みたいに圧力鍋でたいちゃうのはどうでしょう?小さいから崩れちゃうかなぁ。
1匹に30分って(汗)

あぁ、いかんいかん!ウチのカマツカくんがだんだん甘露煮に見えてきた〜
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ