紙魚子の小部屋

紙魚子(しみこ)のユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物のあれこれ、家族漫才を、ほぼ毎日書いています。

 
 引っ越しました。 この続きは『紙魚子の小部屋(2009秋〜)』 http://blog.ap.teacup.com/tanukitei/をご覧下さい。 ☆★☆プロフィール☆★☆  生まれた時から滋賀県在住。『上を向いて歩こう』がヒットした年に生まれる。星座=魚座/血液型=A型。だが夫に言わせると「あんたはA型やない、クワガタや」。時間貧乏だが「濃い」家族がいるので、話題に事欠かない。
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:紙魚子
れんくみさんのご子息と太田光は似合いそうな気がします(笑) 
うちのご子息が以前はまっていたので、爆笑問題&太田光の著書がコーナーができるほどあります。いつでも貸し出しOKですよ〜。
投稿者:れんくみ
『ヴィヨン・・』短いけど深いね〜。トかトントンよろしね〜。

ももいろのの太田光の『太宰本』は息子に『学校もってく』と、とられてしまいました。
投稿者:紙魚子
もう絶対「うめかよの写真!」なのに、不思議に太宰治にフィットしているんですよね。絶妙です。私はうめかよ自身お気に入りの写真で、私が未読の『ヴィヨンの妻』は、やっぱり買っちゃいそうです(笑) 『走れメロス』も、表紙だけで思わず・・・(笑)
投稿者:nakappe
 この表紙ならばどこでも読むことができますね!たとえ人間失格であろうとも!
 『小舟』もぜひぜひ読んでみなければ!
 そうなんです、太宰は読んでみるとなぜかユーモラスなんですよね。
 
投稿者:紙魚子
>なんたる偶然、れんくみさん、太宰関連本?買われたんですね。

 私は中学生のとき、初めて太宰治を読んで、『人間失格』については「あああ〜〜(濁点をつけて)」だったのですが、短編はとても面白かったのです。「駆け込み訴え」も「女生徒」も「グッドバイ」も「トカトントン」も好きでした。
「太宰は暗い」という評判とは裏腹に、意外にドライでユーモラスで軽快だったりするんですよ。
投稿者:紙魚子
>こちらこそお世話になってます、ようこそ、はなむさん☆

私はまだ実物を目撃していないので、明日ぜひとも本屋さんを覗きにいきたいと思ってます。他に買いたい雑誌もあるし。
 もし文庫を買ったら、表紙見せして、飾っておきたいものだと思っています(おいおい、読まんのか〜!)
投稿者:れんくみ
タイムリ〜(はあと)
太田光氏の太宰本、買うてまいました〜。
すばらしいチョイスです。
去年の夏(つまり生誕九十九年・・知りませんでしたが・・)、息子と行った白神山地の入り口の駅で
『津軽』を買ってから、昔は大の苦手だった
太宰の短編が、大好きだったことがわかったのです。昔なら暗くて燃やしただろう『ヴィヨンの妻(桜桃の短編も入ってます)』も一緒に購入。
残念ながら新潮文庫でうめかよではなかったのですが。
これらの本の、絶望の淵にある生きるための『小舟』がなんでわからなかったのか・・とこの年齢になって感じます。
昨日は、ものすごく偶然の、神様のめぐりあわせのように読書会の『IぬI』さんに御会いしました。幸せな立ち話ができました。

今日は、ちょっと早い桜桃‥‥ならぬアメリカンチェリーを食べながら・・。
投稿者:はなむ
ブログでは初めまして☆
ちょこちょこお世話になってます。
はなむです。

月曜に本屋サンで、その表紙を目撃しましたよ目
うめかよっぽいなぁ…と思いつつ時間の関係でじっくり見られませんでしたが。
やっぱりキラキラうめかよキラキラやったんですね。
相方をそそのかして、買わせようと思います(´∀`)フフフ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ