紙魚子の小部屋

紙魚子(しみこ)のユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物のあれこれ、家族漫才を、ほぼ毎日書いています。

 
 引っ越しました。 この続きは『紙魚子の小部屋(2009秋〜)』 http://blog.ap.teacup.com/tanukitei/をご覧下さい。 ☆★☆プロフィール☆★☆  生まれた時から滋賀県在住。『上を向いて歩こう』がヒットした年に生まれる。星座=魚座/血液型=A型。だが夫に言わせると「あんたはA型やない、クワガタや」。時間貧乏だが「濃い」家族がいるので、話題に事欠かない。
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:紙魚子
 私も普段は11時過ぎの時間帯のテレビはよほどの事がない限り(年末年始とかね)見ないのですが、不思議にその日は(気合いが入っていたのか!?)睡魔に見舞われず、1時までは見る事ができました。ビデオになっているのか、調べとかなきゃ!
 NHKは深夜帯でたま〜に「おおお〜」という番組を再放送しているので、チェックが欠かせませんね!(で、たまたまチェックし忘れたときに限って、後日ショックをうけるのですが・・・)
投稿者:☆紗
うぐぐ…見たかった〜!この連休中は仕事で早寝してました。しまった〜(∋_∈)
投稿者:紙魚子
>れんくみさん
今回新作が3本あったんですよね。それは前日まで連日1本ずつなので、私はみられませんでした。でもネットサーフィンしたら、「田中の演技が意外にもよかった」という話もあって。彼は三谷さんの映画「みんなの家」にも出演されていましたが、たしかに彼はいいかも、と私も思いました。
 実は私もボリュームを極力抑えて、「悲鳴をあげて逃げ惑う場面」は就寝中の家族に誤解を与えないようにしていました。
 結構犯人の心理が切なくて、犯罪動機なんかもとても興味深かったのでした。
投稿者:紙魚子
<braryさん
それは惜しい事でした。
コドモの頃は、本当にコワくてコワくて・・・でも何故か見ていたんですよね。もしかしたら我家のR12指定だったかもしれないのに日曜の夜は父親がいない(土日は僧侶の仕事)のをいいことに、早めのご飯後、こっそり見ていたのかも。「みてはいけない」ものほど見たいのは、人間の心理の常です。
あのモノトーンの記憶の恐怖とは、またひと味違う上、今やディテールや社会派な内容や映像美も理解出来るので、大変な収穫でありました。
投稿者:れんくみ
やってたね〜。尋常でないこわがりだった私は昔の『怪奇大作戦』の『か』の字も覚えてないのですが・・たぶん家族が封印してたんでしょうか。先日
たまたま夜中にGW明けまでのイラスト仕事に追われてる折、リメイク版のやつを見るともなくみてました。怖くて音を極力おさえてみてたのですが(そんなら見なさンなってことですが)映像がすばらしくけっこうひきこまれました。だいすきな田中さんの演技もひかってたような気が(?)します。でも、やっぱりリメイクはリメイクなんでしょうね〜。最後の方で雲がわらわらわら〜〜〜〜っとわれて現実の世界にもどっていくところがあったのですが、これだけでけっこう『こわおもしろく』じ〜っと凝視してしまいました。おかげで今日もお仕事です。
投稿者:brary
やっているのを知っていました。でもあまりに怖い記憶ゆえにみられなかったのです。感動を分かち合えなくてすみません・・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ