紙魚子の小部屋

紙魚子(しみこ)のユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物のあれこれ、家族漫才を、ほぼ毎日書いています。

 
 引っ越しました。 この続きは『紙魚子の小部屋(2009秋〜)』 http://blog.ap.teacup.com/tanukitei/をご覧下さい。 ☆★☆プロフィール☆★☆  生まれた時から滋賀県在住。『上を向いて歩こう』がヒットした年に生まれる。星座=魚座/血液型=A型。だが夫に言わせると「あんたはA型やない、クワガタや」。時間貧乏だが「濃い」家族がいるので、話題に事欠かない。
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:紙魚子
いまでも最後のお店の前を通ると、ついため息をついてしまいます。でも短い年月ながら「本屋と客」という関係であれほどお互いに尊敬と感謝を持ちつつ楽しくやっていけたのは奇跡かもという思いがあるので、「悔いのない」のが私にとってはせめてもの救いです。亡くなってしまった方に悔いを残すほど辛いことはない、というのをあの数年前にひどく苦く思い知ったので。
ライヴは「もしかして場違い?」とずっと遠慮していたのですが、行ける状態なら来年は思い切って行ってみようかな。
投稿者:しん平
イシオカ書店の店長のことを思い出すたびに、人ひとりのもつ力の大きさを思わずには入れない。彼の存在が一軒の本屋を一つの町をどれだけ潤していたか?決して派手で仰々しいわけではないのに、存在し志向すること自体が空気を創りあげていた尊さ。
 彼に何度か出演してもらった酒遊館での7月の「海の日」ライヴ。来年は店長が歌っていた歌ばかり、彼のことを思い出しながら歌ってみたいと今から思っています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ