紙魚子の小部屋

紙魚子(しみこ)のユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物のあれこれ、家族漫才を、ほぼ毎日書いています。

 
 引っ越しました。 この続きは『紙魚子の小部屋(2009秋〜)』 http://blog.ap.teacup.com/tanukitei/をご覧下さい。 ☆★☆プロフィール☆★☆  生まれた時から滋賀県在住。『上を向いて歩こう』がヒットした年に生まれる。星座=魚座/血液型=A型。だが夫に言わせると「あんたはA型やない、クワガタや」。時間貧乏だが「濃い」家族がいるので、話題に事欠かない。
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:紙魚子
どうもありがとう、メレさん。お兄ちゃん同様、彼女も肌でアメリカを感じて来る事だろうと思います。

機会があれば子どもはどんどんひとりで家から出す、というのが私の数少ない教育方針?ですが、やりにくい世の中になっちまいました。
 だけどメディアとは裏腹に、意外に捨てたもんじゃない世の中だったりもします。

 おばあちゃんも、もちろん夫も元々金沢の人達なので、お雛様は4月3日(旧暦だから??)まで飾っています。でも出すのはこちらの一般に合わせて2月3日より。「せっかくりっぱなお雛様なんやから、せいぜい出しとかんと」というケチな嫁姑の意見が一致した共同戦線です。ということで最長2ヶ月出ています。
 私の実家では「お雛様」は無かったです(たぶん宗教的な理由で)。でもいつも自由に上がり込んでいた隣家の7段飾りのお雛様を自分の物のように見ていたので(!)、今から思えば不思議なくらい寂しくも物足りなくもなかったなー。

 兄と妹という組み合わせは、端で見てると、ほんと、面白くて。兄=ボケ、妹=ツッコミ。メレさんところの兄妹話も、面白い!
投稿者:メレさん
Kちゃん、お気をつけて。 ホームステイなら安心だと思うけど、たくさん吸収して帰ってきてね。 海外体験は若ければ若いほどいい、と聞いたことがあります。 

ところで、昨日の日記についてですが、うちの母が和歌山出身なんですよ。 で、「お雛様は早くだして早くしまえば早くオヨメに嫁ける」と言って毎年血相を変えてお雛様を飾ってました。 (私が30を過ぎた頃から諦め始めましたが) これは紙魚子さんの地元でも同じですか? 地域によっては3月末くらいまで飾っているところもあるそうで… 
あと、川にお雛様を流しちゃう(きゃー!)ところもあるとか聞いたことがあります。 

http://www.k3.dion.ne.jp/~mereblue/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ