紙魚子の小部屋

紙魚子(しみこ)のユニークな家族、節操のない読書、テレビやラジオの感想、お買い物のあれこれ、家族漫才を、ほぼ毎日書いています。

 
 引っ越しました。 この続きは『紙魚子の小部屋(2009秋〜)』 http://blog.ap.teacup.com/tanukitei/をご覧下さい。 ☆★☆プロフィール☆★☆  生まれた時から滋賀県在住。『上を向いて歩こう』がヒットした年に生まれる。星座=魚座/血液型=A型。だが夫に言わせると「あんたはA型やない、クワガタや」。時間貧乏だが「濃い」家族がいるので、話題に事欠かない。
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:aska
豊公園=ほうこうえん。これ結構読めないひと多いんです。
前に他県から遊びにきた友人が『ゆたか公園まで来たよ』と電話をかけてきたのですが、最初どこのことかわかりませんでした。
なるほど、確かにそう読めますもんねぇ。
大阪の十三を「じゅうさん」と読んじゃったり。

豊公園から眺める夕陽は本当に最高です。が、湖岸道路をもう少し北進した所にある、湖北野鳥センター界隈からの眺めも素敵です。これからの季節、コハクチョウの群れや雪化粧した竹生島・ヨシ原のむこうに沈む夕陽は絶景ですよ〜。


投稿者:紙魚子
イマドキのオシャレなカフェならともかく、大衆食堂の話に関心のある人、いるのか?と、やや不安だったのでしたが、アツいレスが複数あったので、心中キャーキャーしています。

>askaさん
黒壁界隈、庭だったんですか!? それはいいところにお育ちだったんですね。私は「黒壁」以前から長浜ファンで、駅前のUCCのカフェメルカードで一息入れて、長浜散策してました。25年ほど前の話です。その頃にも大阪の友だちと「中島屋」に行った記憶も微かにあるのですが、そのときには、若かったせいか、さほどのインパクトもなく。まだ昭和だったしね(笑) お母様のような濃い地元の「中島屋」ファンがいてくださるとは心強いです。とともに、「中島屋」で盛り上がれる女性がいたとは、嬉しい限りなのでした。

>しん平さん
私は子どもの頃からの刷り込みで、大衆食堂に目がないのです。ひとりでも平気で(というか心置きなく)どんどん入っていきます。学校前の「一富士」も、すこし離れた「初雪食堂」も、お昼のひとり外食の機会に恵まれたらスポーツ新聞を読むおっさんたちに混じって和んでいます。

長浜は滋賀県なのに北陸の気候風土。街全体に昔の空気感があるのに、独特の活気があって面白い街ですよね。近場で旅行気分を味わうには、またとない場所です。豊公園(でしたっけ?)からの琵琶湖に沈む夕陽の眺めは大感動でした。
投稿者:しん平
むむむむむむ!わお〜!!
ななななな中島屋食堂!!!
行きましたとも!3回くらいやけど。
はじめての時は恐る恐る入り、二回目からは吸い寄せられるようにして。
 いつかみんなで中島屋食堂に集合して、昭和について熱く語り合いましょう。

 昨夜は長浜出身の松本もんつのライヴを近江八幡で堪能しました。現在はオーストラリア在住の彼は年に一度、日本に歌いに帰ってきます。もんつのかもし出す懐かしくも世界に通用する音は長浜の風土と無縁ではないと思いました。
投稿者:aska
Made in 長浜のaskaです。黒壁周辺はかつては私の庭でした(マジで)。
そんな訳で実はゆうべから気になって仕方なかったんですよぉ!一体どこのお店を薦められたのか。

それがまさか中島屋とは!すごい。オーディオマニア氏に金座布団10枚!

実は私も昔から大ファンなのです。学生の頃のデートにも使いましたし(笑)、平和堂で買い物→中島屋でランチ、というのが私の実家の得意パターンです。だけど周囲にあまりわかってもらえる人がいなくて。大抵の人は親子丼で有名な某店か、のっぺいうどんで有名な某店本店(ちなみにココの支店は隠れた名店です)をひいきにしてますからねぇ。
ま、ウチの母に言わせると『中島屋を知らんなんてモグリや。あのばあちゃんに失礼や。』とばっさり!な訳ですが。

なのでまさかここで中島屋の話ができるなんて夢のようです。明日、母に報告しなければ!!なんだか興奮してきましたよぉ(笑)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ