2008/11/10

WELCOME TO MY LIVING ROOM TOUR-JAPAN 2008@渋谷  Music

キャロル・キング18年ぶりの来日公演初日に行って来た。

夕方、友人Mさんと渋谷ハチ公前で待ち合わせ
お願いしていたチケットを受け取り
その足でBunkamuraオーチャードホールへ急ぐ。

席は前から13列目でステージに向かって中央からやや左寄り。
とても観やすい位置である。
ノリノリのロックじゃないので座ったまま観れるからラクだー。

会場を見渡すと年齢の高い人がやや多めだが若い人たちもいる。
ワタシの右隣から4人は皆20代くらい。
すぐ隣の女の子はライブ中に
「おかあさんも連れてくれば良かったなー」
なんて可愛いことを言っていた。

ほぼ定刻、ステージにキャロル・キングが登場
会場内から大きな拍手、それに少しかけ声も飛ぶ。
キャロルは一礼してピアノの前に座る。

随所に日本語を交えたMCを入れるキャロル。
サービス精神旺盛な人である。

ステージは20分程の休憩を挟み前半と後半に分かれていた。
前半は今回のツアー・タイトルどおり
キャロルのリビング・ルームで、もてなしを受けてるような
そんなくつろいだ感じで進んで行った。

それでも18年ぶりのキャロルに
(昨年は3人合同ライブで来日したが)
会場内は喜びを抑えきれない空気で充満している。
座って聴いているとはいえ
彼女の歌はもちろん、一挙手一動、敏感に反応する聴衆。

それはワタシも同様で
キャロルの曲を全部知ってるわけではないのに
彼女が一曲歌うごとにどんどん嬉しさが増していく。
そしてその嬉しさは感激の涙となって頬を伝う。

キャロルの声は昨年のライブ時より艶やかで
静かな曲ではなんとも言えない味わいがあり
アップテンポな曲ではより若々しく聴こえ
とにかく素晴らしいのだった。
前半のステージではギターを持ったキャロルも観れた。

衣裳も変わった後半のステージでは
ヒット曲のオン・パレード。
語り尽くされてるとは思うが彼女の曲は良い曲ばかりで
キャロル・キングの才能のすごさを改めて思い知った。
中でも60年代のゴフィン=キング作品メドレーは圧巻だった。

そしてキャロルがワタシの中学時代にヒットしていた
”It's Too Late”をパフォーマンスし始めた時
また涙が・・・だってこの曲を目の前でキャロルが
ピアノを弾きながら歌っているなんて・・・
まるで夢を見ているような気分だったよ。

昔ラジオから流れていた”It's Too Late”よりも
ゆったりめのパフォーマンスが終わった後
キャロルが大きく手を開いて聴衆に手拍子を催促
何の曲が始まるんだろう?と思っていたら
なんとなんと”Chains”だったー!

もうワタシの涙は止まらない。
うわ〜〜〜ん、ビートルズが歌ってた”Chains”だよー!
この曲が聴けるなんて、作ったご本人が歌ってくれてるなんて
それに合わせて手拍子してるなんて
シアワセ過ぎてどうしていいのかわからない状態のワタシ。
キャロルと一緒に歌いたくても
ウルウルしちゃって上手く口が動かない(汗)

だけど曲の後の方はなんとか一緒に歌うことができた。
もうすぐジョージの命日が来るなぁ・・・と想いながら。

その後も感動的なステージが続き
やはり”You've Got A Friend”でまた泣いた。
この時点でワタシの顔はクシャクシャになっていたと思う(爆)

”You've Got A Friend”の歌詞を聴くと
この頃いつも泣いちゃうんだよね。
ひとりで頑張ってるつもりはないけどいつのまにか
ひとりで頑張り過ぎているのかも知れない。
心の奥では誰かに助けて欲しいと思ってるのかも。
な〜んて、ワタシのキャラじゃないか(苦笑)

アンコールは当然にスタンディング・オベーション!
最後の最後には”The Loco-Motion”で会場総立ち。
キャロルの姿が消えても拍手は鳴り止まなかった。

ありがとう、キャロル・キング。
今度あなたに会う時にはもう少し落ち着いて泣かないで
歌を聴かせてもらいます。


クリックすると元のサイズで表示します
0



2008/11/16  21:30

投稿者:torami

ジーナさん
今回のキャロル、とても評判が良いそうです。
ジーナさんはおいでになれず残念ですけど、その時に何を一番大事にするかは人それぞれですよね。ジーナさんには「治療」が必要だったわけですから、それはそれで。

日本でのチケットの種類がS席とA席しかないのがいつも不満です。アリーナの一番前と一番後ろが同じ価格なんて酷いですよ。ただでさえ最近のチケ代は高いのに。もっと安い席があれば若い人も行けるのに。
どうにかならないもんですかねぇ。

2008/11/13  13:16

投稿者:ジーナ

toramiさん

ホールコンサートはいいですよね〜。キャロルの歌は秋に聴くと気持ちに’ぐぐっと’きますよね〜♪It's Too Late 私も大好きです!映画の挿入曲にも何気に使われていますよね〜。彼女とてもきれいに年を重ねていて・・憧れます。私はお安くなかったので(今年は治療費?!が掛かりすぎたので)諦めました(泣)最終日も「しっとり」と楽しんできてくださいね。

2008/11/11  22:40

投稿者:torami

JUN LEMONさん
とても素敵でした。今でも夢のようです。
決してお安くないので迷いましたが、チケットを2日分買っておいて正解でした。
最終日、また国際フォーラムに参ります。

2008/11/11  3:16

投稿者:JUN LEMON

とても素敵なコンサートだったようですね。私も21日の国際フォーラムに行って来ます。Chanisを歌う準備をしておかなくては。
It's Too LateやYou've Got a Friendになったら、toramiさんと同じように感極まってしまうかも...。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ