2009/1/25

Sean Lennon@TSUTAYA TOKYO ROPPONGI  Music

ショーン・レノンが六本木ヒルズのTSUTAYAで
インストア・イベントを行うというので、行って来た。

イベントの内容は
ミニ・ライブの後、彼がサインしたCDや本を
予約客に自ら手渡しする”お渡しイベント”なる企画。
CDは「Chimera Music Release No.0」
本は「THE CHO-DO ii Book(ちょうどいい ほん)」
(本については後日この駄ブログで書くつもり)

そのTSUTAYAに連れ合いとワタシが到着したのは12時半ちょっと前。
イベント目当てらしき客はまだチラホラ。
ライブ用の機器やマイク・スタンドが置いてあるすぐそばに
待つには”ちょうどいい”(このフレーズは重要・・・笑)
読書スペースがあったので、ふたりでそこに陣取った。

クリックすると元のサイズで表示します

すると少し経ってショーンの姿が。
TSUTAYAの一角はスタバになっているのだけれど
そこに出入りする一般客に混じってウロウロしているショーン。
彼を知らない人にとっては全く”ただの外国人さん”状態(苦笑)

まぁ、それは当たり前のことなんだけれど
彼は世間的に言えばかなりの有名人なはず。
なんたってジョン・レノンとオノ・ヨーコの息子だもん。
でもね、ショーンは
偉ぶることもないし派手な服装もしないので
パフォーマンスしてる時以外は
ごくフツーの一般人にしか見えないのだ。
この感じ、このフツーっぽさにとても好感がもてる。
まさに”ちょうどいい”感じのショーン君。

クリックすると元のサイズで表示します
(左からEden Rice, Charlotte Muhl, Sean Lennon)

そのうちバンドのメンバーの姿も見え始め
イベントの準備も着々と進んでいる様子。
例によってビートル系友人たちも数人が集まって来ていた。
皆さん、ご苦労さまです(笑)

ビートル系な人たちといっても、皆、
今日はもちろんショーンの応援に来ているわけで
ショーンにジョンのようなパフォーマンスを
求めているなんてことはサラサラないと思うが
ジョン亡き後、彼の遺伝子を受け継ぐ者を見守っていきたい
という正直な気持ちでこの場にいたのではないだろうか。

13時、いよいよイベントが開始。
(残念ながらイベントは撮影禁止)
ショーンは先日のライブの時と同じ帽子を被り登場。
彼と本田ゆかが始めたレーベル”キメラ・ミュージック”
そのファースト・アルバム「Chimera Music No.0」から4曲が披露された。
(イベント時の写真はTSUTAYAのスタッフ・ブログ参照)

連れ合いとワタシはバンドのほぼ真ん前でライブ鑑賞。
ショーンまでの距離は2mもない好位置。
どこを観ていたら良いのか困っちゃうほど近かった。
ショーンの隣で歌っていたシャーロット・ミュールちゃんの
顔があまりにも小さいのと足があまりにも長いのに驚く。
(シャーロットは現在ショーンの”彼女”であるらしい)

ライブ終了後は長机が運ばれて来てCDと本が置かれ
そこにショーンが座って”お渡しイベント”が始まる。
前の方に座っていたワタシはなんと
一番目にショーンから手渡されるヒトになってしまった。
うわぁ〜ドキドキ〜!

”一番目のヒト”という役回りに緊張してしまい
気の利いたひとことは全く言えなかったけれど
ワタシが胸に付けていた「キメラ・ミュージック」のバッジを
指差してショーンにアピールしたところ
彼は穏やかにニッコリ笑ってくれた。
CDをもらって握手したショーンの手は意外に分厚く
柔らかく、そして暖かかった。

で、連れ合いは”二番目のヒト”になり
ショーンから本を受け取り握手してもらった。
かつてジュリアン・レノンと握手している連れ合いは
ショーンとも直に触れ合うことができて満足していた。

それ以降もひとりひとり丁寧に応対していたショーン。
彼の誠実さがとても感じられたイベントだった。

若かりし頃のジョン・レノンのような
あのギラギラした鋭さはショーンにはない。
育った環境がまるで違うのだからそれは当然だ。
しかし、ジョンの優しさやアーティストとしての感性は
確かに受け継いでいると見た。

ゆっくりでいいから
これからもいろいろな活動を続けていって欲しいと思う。
ワタシたちはずっと応援しているよ、ショーン。
0



2009/1/26  22:33

投稿者:torami

Joe Coolさん
そうですね、繊細な部分は共通しています。
ショーンもジュリアンもリッパな表現者に育ってくれました。
きっとジョンも喜んでくれていると思います。

そろそろジュリアンにも再会したいですね。
それから、ダーニにも会いたいです、いつか。
欲張りなビートル系でした(苦笑)

2009/1/26  1:31

投稿者:Joe Cool

ご苦労なビートル系友人です(苦笑)。

僕もジュリアンにも会ったことがあるのですが、
ジュリアンが結構ヒリヒリとした繊細さを感じさせたに対し、
ショーンも繊細なのですが、それはとても柔らかいものなのだと、今回感じました。
2人ともレノンの遺伝子を、キチンと受け継いでくれていると思います。

今回は、ライヴの時よりもゆっくりとコミュニケート出来て良かったですね(^_^)。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ