2009/12/29

GOOD EVENING LONDON LIVE(後編その2)  Paul McCartney

ポールがウクレレを持って出て来ると
”Something”をやるのだなとすぐわかる。
その前にMCしながら何か弾いていたけど曲名はわからず。

(後で調べてみたら”Leaning On A Lamppost”という曲で
ミュージカル「Me And My Girl」の中で歌われてるらしい。
このミュージカルはロンドンが舞台でストーリーはいわば
「My Fair Lady」の男性版とのこと)

そしてウイングスのこのナンバー
”Mrs Vanderbilt”
うわわわわ〜ホントにやってくれたー!

これがどうしても聴きたくてロンドンまで来たようなもの。
ポールがHo-Hey-Ho!というコーラスを聴衆に求めるから
ワタシだって大きな声で歌ってしまったよ。
最近はアルバム・バージョンどおりに
「No use!」ってスポークンしてるのだけれど
よ〜く見てたら、それはブライアンだと確認。

それに次の曲がまた泣かせるじゃない!
Fireman最新アルバムの一曲目
”Sing The Changes”
何回かライブするうち練れてきたなあと感じた。
聴いていてとても心地良い。
これもまたコーラスで参加するtoramiさん(爆)
短めの曲だけれどノリノリである。

ここでついに本日のスペシャル。
ポールがMCで「クリスマスだからね」みたいなことを言った後
あの、ホンワカしたイントロが聴こえて来た。
”Wonderful Christmastime”
12月のロンドンで聴くこの曲は本当に格別で
天にも昇るような気持ちになった。
それにこれだってウイングスだもん。

おかしかったのはエイブが被っていたサンタ帽。
帽子のてっぺんに光る飾りがくっついていて
エイブがドラミングしながら頭を振ると
それがクルクル回っていたのだ。
さすがにポールとフロント2名はサンタ帽なし。
ステージと観客席の間には
サンタ帽を被りロウソクを持った
コンサート・スタッフらしき人たちが数人並び
ポールは歌いながら彼らを指差して
自らも楽しそうにしていた。

そろそろライブも佳境に入る。
”Band On The Run”
あぁ、大好き!
お約束の手拍子と
中盤での拳を2回突き上げ&足キック2回(笑)
しかし、ワタシの足元には大きな荷物が(汗)
足キックはポールとおんなじようにできなかったよ。

このツアーで初めて取り上げられた
ビートルズ・ナンバー”Ob-La-Di, Ob-La-Da”
会場内が微笑ましい雰囲気になる。

”Back In The USSR”
イントロとともに今までほとんど座ったままだった
ワタシの周りの観客たちが一斉に立ち上がる。
すごい盛り上がりである。
間髪入れずに”I've Got A Feeling”
観客たちの盛り上がりはそのまま続き
”Paperback Writer”
ビートルズ・ナンバーに大喜び。

”A Day In The Life〜Give Peace A Chance”
再びジョンへのトリビュート。
Give Peace A Chanceではバック・スクリーンに
大きなピース・マークが浮かぶ。
曲の最後はGive Peace A Chance!と大合唱だ。

”Let It Be”で厳粛な雰囲気になり
また観衆はクール・ダウン。
双眼鏡でピアノの前に座って歌うポールの姿を追っていると
今まで気がつかなかったモノを発見。
ピアノの鍵盤の一番右側にちょこんと
黒いフチどりにピンクで色付けされた紙製?の
可愛いピース・マークが置いてあるではないか!
あら〜ポールもピース・マークを大切にしてるのね。

クリックすると元のサイズで表示します

”Live And Let Die”
これで観衆は(もちろんワタシも)大爆発。
屋内会場だけどボンボンと花火も出た。
”Hey Jude”
スクリーンに観客たちが大写しになる。
日本人もチラホラと。

ポールとバンド・メンバーが一旦引っ込み
また出てきて一度目のアンコール。
”Day Tripper”
”Lady Madonna”
”Get Back”
このあたりのワタシはほとんど記憶を失くしてる。

そして二度目のアンコール。
”Yesterday”
”Helter Skelter”

まさかの本日スペシャル第二弾。
”Mull Of Kintyre”
言葉も出ないくらい感激した・・・。
途中からScottish Highland Bagpipe Bandがステージに上がり
重厚な音を聴かせてくれた。
あぁ、お願い、いつまでも終わらないで、この曲・・・
ずっとずっと聴き続けていたいMull Of Kintyreだった。

「もう帰らなくちゃいけない時間なんだ」
「やだー!」
”Sgt Pepper Lonely Hearts Club Band (Reprise)〜The End”
ポールはとてもとてもとてもとても
元気だった。
ありがとうポール!
「また会おう」
今度はきっと日本で会えるよね?
2



2010/1/1  23:28

投稿者:torami

エグルストンの箱庭さん

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
記憶が薄れないうちにと思って書きました。
Wonderful Christmastime楽しかったです。
あの勢いなら来日もアリだと信じましょう。

KENNYさん

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
ツアーの途中から
少しセット・リストが変わったようでした。
季節モノとご当地モノのどちらも聴けて
とてもラッキーでした。
クリスマスに来日してくれたら
きっとやってくれるはず。
期待して待ちましょう〜。

JUN LEMONさん

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
日本でもこの興奮を味わいたいですね。
Mull of Kintyreを聴いた時は
一緒に歌いながらも
夢の中にいるようでした。

2010/1/1  2:49

投稿者:エグルストンの箱庭

あけましておめでとうございます!レビュー面白かったー!ワンダフル・クリスマスタイムいいなぁ〜♫
ホントに来日しないかなぁ。

2010/1/1  1:40

投稿者:KENNY

あけましておめでとうございます。
レポ後編楽しみにしておりましたが、色々と珍しいナンバーも聴けたのですね!
ワンダフル・クリスマスタイムに夢の旅人までとは!良かったですね!
僕もいつか生で聴きたいです。今年のクリスマスに来てくれないかなあ、ポール。
興奮のレポありがとうございました!
今年もよろしくお願いいたします。

2010/1/1  1:25

投稿者:JUN LEMON

うわーっ!興奮が伝わってきます!
Mull of KintyreはUK onlyでしょうね。
その場にいたtoramiさんが羨ましいです!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ