2010/1/31

雨の街を  Music

クリックすると元のサイズで表示します

今月、NHKBS2で「MASTER TAPE〜荒井由実”ひこうき雲”の秘密を探る」
という番組を放送していた。

”ひこうき雲”は1973年に発売されたユーミンのデビュー・アルバム。
今でも全く色褪せない素晴らしい曲が入っている。
番組はアルバム制作に関わった人たちが
そのマスター・テープを聴き当時の音作りの様子を思い出しながら
いろいろなエピソードを語っていたので、非常に面白かった!

この番組は2月19日(金)23時から再放送されるので
興味のある方は是非是非ご覧ください。

この駄ブログにユーミンのことを書くのは初めてかもね。
70年代の中頃に高校生だったワタシは
もちろんユーミンの曲が大好きだった。
メロディも彼女の書く詞も好きだった・・・というか
ワタシ自身の体験と重なるような詞をユーミンは
心憎いほどの表現力で書いてくれてた。
10代の女の子の切ない恋心、とかね。
だからユーミンにはとても共感できたのだ。
あぁ、あの頃ワタシも若かった(遠い目)

”ひこうき雲”の中で一番好きなのは「雨の街を」
ネット上で見つけた映像でのユーミンは初々しい。
まだ20代初めくらいだったと思う。

ユーミンはこのアルバム製作中に
バックを務めていたティン・パン・アレー
(元のバンド名はキャラメル・ママ)のキーボード奏者
松任谷正隆さんと恋に落ち、その後に結婚した。
BS2の番組の中でユーミンは「雨の街を」を完成させる時の
彼女と彼のエピソードを微笑ましく語っていた。

「とても恥ずかしいんですけど」と言いながら
自分の恋のエピソードを話してくれたユーミン。
まるで10代の少女のように可愛かった。


0



2010/2/9  23:56

投稿者:torami

Nさん

わかりました。
「MATTARI!〜FRAGMENTS OF YUMING」って
アルバムですね。15曲入りの。
収録曲は調べられませんでしたが。

2010/2/8  1:06

投稿者:N

「MATTARI!」は、ユーミンが選曲した軽音楽?が入っているものです。調べてみたら、1987年でした。^^

2010/2/7  9:53

投稿者:torami

Nさん

変換間違いに気づいてませんでした〜。
修正しました・・・由実さん。
ところが修正中にまた誤って記事を途中から消しちゃいました・・・
というわけで後半は書き直しましたが
だいたいこんな内容だったかな(汗)

弟さん、良い名前付けましたね。
”ユーミン”と呼んでもらえますものね。「MATTARI!」っていつ頃のやつですか?

2010/2/7  0:07

投稿者:N

そうでしたか〜
そういえば「MATTARI!」なんかも持っています。カセット。^^
探せばどこかにあるはず。
ディア・ハンター懐しい。
私は一度だけ代々木に行きました。
1999年頃だったと思うけど。
ユーミンは「由実」ですよ。^^
ユーミン好きの弟は娘に由実ってつけたのです。^^

2010/2/6  20:57

投稿者:torami

Nさん

あれ?意外でした?
ユーミンの話はしたことなかったかな。
70年代に10代だった女の子はほとんどの人が彼女の作品に影響を受けていたと思います。

吉田拓郎さんも井上陽水さんも好きだけど
実はユーミンも好きだったんですよ(笑)

ジーナさん

観ましたね!
と〜っても面白い番組でしたね。
ワタシもユーミンを生で観たことないです。
いつか観てみたいなあ。

2010/2/6  10:56

投稿者:ジーナ

toramiさん

私もユーミン大好き!勿論番組も観ました!当時のエピソード、アレンジ、アメリカとイギリスの融合?!やはり音楽史に残る方は凄い才能があるんだなぁ〜と。
ユーミンのコンサートには行った事がなく・・今年は苗場に!と思ったのですが・・アメリカ帰国?!と日程が重なってしまい諦めました。去年横須賀でのコンサートに行った友達は「とても感動した!」と。昔の曲も結構歌ってくれるそうです。「雨の街を」は私も大好きな曲で昔友達にピアノで弾いてもらいました!

ユーミンの曲を聴いていると・・自分が彼女の曲の中に入ってしまいますよね〜。

主演 ジーナ♪「まちぶせか」から始って「魔法の鏡」〜「守ってあげたい」〜「やさしさに包まれたなら」〜「中央フリーウェイ」〜「ルージュの伝言」〜「潮風にちぎれて」〜「あの日に帰りたい」〜「卒業写真」〜「Good Luck and Good bye」でどうかしら?

2010/2/6  0:59

投稿者:N

意外!
toramiさんがユーミンが好きだったなんて初めて知りました。
どちらかと言えば嫌いなのかと思っていました。
ユーミン、カセットで持っています。^^;

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ