2005/8/24

WWRY最終日  QUEEN

3か月はあっと言う間だった。
今夜、ロック・ミュージカル「We Will Rock You」日本公演が
ついに最終日を迎えた。

この日の席は最前列のほぼド真ん中。舞台のすぐ目の前。
手が届きそうなところに俳優さんたちがいた。
最終日に最高のポジションで観れてシアワセだった。

これでもう見納めだなぁと思っている客席からは
1曲歌われるごとに大きな拍手が起こる。
その拍手がなかなか止まないシーンが何回もあった。

最前列のワタシの目は舞台に釘付け。
No-One But You(Only The Good Die Young)では
歌が始まる前から涙がポロポロこぼれた。
思い切り泣くとキモチいいんだよね。

ラストに近い頃にはライブ状態で歌が歌われる。
その頃には観客がほとんど立って、かなりの盛り上がりとなった。
ワタシも拳を突き上げたりジャンプしたりしてたな。

いよいよフィナーレという時の
俳優さんたちの充実感にあふれた顔が印象的だった。
客席から誰かが「ありがとう!」と大きく声をかけていたけれど
観客たちは皆、同じ気持ちでいたと思う。
オーストラリアから日本へ来てくれて本当にありがとう!

劇中でNo-One But You(Only The Good Die Young)を歌った
オズ役のレベッカ・ジャクソン・メンドーザ。
最後に目を潤ませていた彼女、とても輝いていた。

しかし残念なことがひとつ。
3か月間の公演中にどこかで
ブライアン・メイが来ると言っていたけど結局現れず。
ブライアンの嘘つき〜。


クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ