2006/7/17

LOVE に想う  The Beatles

ラスベガスから帰って来た。
なぜかすでにもう遠い昔の出来事のように感じる。
夢から現実に引き戻されたせいか。

成田からのリムジン・バスの中で
その遠いラスベガスと「LOVE」のことを想い出していた。
特に「LOVE」を想い出した時にはやっぱり涙が溢れた。

「LOVE」は本当に特別なプログラムだった。
ポールがプレミアの時
”このショーはジョンとジョージに捧げます”
と言っていたけれど
観てみてワタシもポールに同感だった。
ジョンとジョージが作った曲はジョージ・マーティンによって
新たな生命を吹き込まれたように素晴らしく
感動的な仕上がりとなっていたからだ。
ジョージ・マーティンが生きててくれて良かったと
心の底から思う。

もちろん
ポールが作った曲もリンゴが作った曲も
ビートルズの曲はみんなみんな素晴らしかった。
凄いよ、ビートルズって。

今まで米国にはさほど興味がなかったが
「LOVE」が上演されている限り
どうしても目はそちらを向いてしまうだろう。
次はいつ頃行けるかなぁ〜ラスベガス。


クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/8/4  2:35

投稿者:torami

未だにアタマの中は「LOVE」ばかりです。

>りんりんさん
全部読んでいただいてありがとう。
「そりゃ、行くっきゃないでしょ。」
悪魔の囁きが聴こえませんか?(笑)

>たまさん
いつも楽しいコメントありがとうです。
ただ皆さんに「LOVE」のことを知って欲しい一心で書いただけなんですよ。
自分なりに書き足りないと思うところもあったのですが、どうぞお許しを。

2006/8/2  19:41

投稿者:たま

toramiさ〜ん、本当にお疲れさまでした。
改めて感動!すばらしい才能!
“LOVE”の関係者が見たら、きっと驚きますよ。広告宣伝効果を考えたら・・・どれくらいになるかなぁ。
マージン貰いましょう!
それくらいの作業量ですもの。
あ、または、毎年ご招待とか。それもVIP待遇で。

2006/8/2  10:05

投稿者:りんりん

長編レポお疲れ様でした!おかげさまで日本に居ながらにしてベガスのステージの空気を感じることが出来ました!ああ〜行きたいなあ。。。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ