2007/6/12

追憶の彼方に  Paul McCartney

前にも書いたかも知れないが
ビートルズやポールのことはずっと好きだったけれど
ポールを本気(マジ)で追いかけるようになったのは
”Flowers in the Dirt”が発表されてからだったと思う。
それと同時にポールは
ツアーを再開していったわけだけれど
あれからもう20年近くになる。

20年近く、というと
赤ちゃんがオトナになってしまう年月だ。
その間、ポールに起こるいろいろな出来事に
ワタシもポールと同じように一喜一憂し
ずっとポールの後を付いて来た。
だからポールの人生はいつも自分の人生と重なり合う。

そんなポールが今月
いつものようにワタシたちファンのことも考えてくれながら
前作”Chaos and Creation in the Backyard”を超える
凄〜いアルバムを発表した。

ニュー・アルバム”Memory Almost Full”は
再びワタシに音楽の素晴らしさを教えてくれた。
いや、音楽と言うより
音楽によって表現された「生きていることの素晴らしさ」
と言ったほうが良いかも。

生きていると楽しいことばっかりじゃない。
悲しいことや辛いことも必ずある。
それでも人は生きていかなきゃならないわけで
その点、ポールもワタシたちも同じなのだ。

”Memory Almost Full”とは
そのまま訳せば「メモリがいっぱい」ってこと。
この数年で
思いも寄らぬ激動の人生をまた送ることになってしまったポール。
その思いを込めたアルバム・タイトルでもあるのだろう。
まさに今がこのアルバムを発表するべき時期だったのだろう。

このアルバムの曲たちはそれぞれが多彩だ。
しかし、それぞれが皆ポール色だ。
それもかなり濃い、ポール色だ。
明るい曲たちが多いが
その中にもチラリと悲しさや辛さが見え隠れする気がする。

どんな出来事があろうともポールは
自らの思いを曲たちに託し発表し続ける。
そんなポールはワタシたちあて、ごく自然に
生きていることの意味や素晴らしさを教えてくれているように思う。

文才ゼロなので(すみませんっ!)
と〜ってもわかりにくい支離滅裂な文章になっちゃった(汗)
簡単に言えば
「ポール、いつまでもあなたを追いかけ続けます!」
ありゃりゃ、最初からそれひと言で良かったのにねぇ。


クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/6/15  1:21

投稿者:torami

MAFの聴き過ぎでワイヤレス・ヘッドホンが充電切れしてしまいました。

>accoさん
ファン歴の長さなんて全然関係ないですよ。
ポールが大好きなら皆同じですもん。
悲しげな曲でも必ず前向きさがありますよね、ポールの曲には。
だから聴いていて元気が出るんです。
曲の解釈は人それぞれ自由だとポールも言ってますから、accoさんなりの解釈で良いんですよ。
聴いていろいろ思いを巡らせる・・・ポールもきっと喜んでくれるはずです。

>ジーナさん
いつもお優しいお言葉ありがとう!
「しゃべらナイト」でもポールは優しい人でした。優しい中にも強さがありました。
MAF聴いてくださいね〜それでまたご感想聴かせてくださいね〜。

The Way We Wereでしたっけ?
Band on the Runの頃のステキな映画でしたね。
「Chaos」に入ってたThis Never Happened Before大・大好きです。名曲です。

ゲバゲバ90分、観たかったなあ。
なんか凄くタイムリーですね、ジーナさんとワタシの間でだけですけど(笑)

キャロル・キング観たいっ!
「つづれおり」懐かしい。彼女の声が好きです。ビートルズも歌ってた曲を作った人を見逃したらいけませんよね。

>栗さん
ポールが充満してます。ポールだらけ。

キャロル・キング絶対行きます。
ビートルズが好きなら行くべきでしょう。
ポールは来年来てくれると信じてます。

>chrijawinさん
お元気そうで何よりです。
我が家も3枚買いましたよ。
ワタシ、高校の卒業文集に「ポールも歳取ったなあ」って書いてたことがありました。
ウイングスのオーストラリア公演をテレビで観た時のことだと思います。
ダメですよねぇ、そんなこと書いちゃ。
ポールに平伏して謝りたい心境です。

ツアーまであと少しですね、きっと。
もし来日してくれたら、お嬢さんたちも連れて行ってあげてくださいね。
またお会いできる日を楽しみにしています!

2007/6/15  0:22

投稿者:chrijawin

toramiさん、お久しぶりです。
買いましたよ。買いました。3枚も!
シンプルで良いですね。
Flowers・・が出て18年ですか。2007年になってもPaulから贈り物がもらえるなんて、1989年当時は想像できなかったですね。

ところでロンドンやニューヨークでギグしているみたいですね。このギグ、ロサンゼルスでもやるみたいですけど、1991年当時の数箇所で行ったギグのようですね。1993年のワールドツアー前哨戦の時とにてますね。
と言うことは・・・またコンサートの興奮味わえそうですね!
また会場でお会いできそうですね

2007/6/15  0:09

投稿者:栗

同感です。本当に「ポールがいっぱい」なんです。

嗚呼、ポール来日してくれないかナァ、なんて思ってるトコに「衝撃のキャロル姐御来日!!」ですよ。

生きて居るって素晴らしいですね。
みんなで行きましょう。キャロル・キング様がやってくる、ヤアヤアヤア!!

http://iko7mia.seesaa.net/

2007/6/14  12:32

投稿者:ジーナ

toramiさん

私はtoramiさんの文章大好きです。読んでいると気持ちが ほんわか と伝わります。「英語でしゃべらナイト」でもポールはとっても素敵な言葉を言っていましたよね!「Memory Almost Full」は携帯電話に表示されていたから思いついたとか。ベースのスタバにはアメリカのCD販売しているのかな?明日チェックしてみよ〜っと。

♪Memory〜「追憶」映画も曲もよかった。おもいで。ってモノクロームだけれど・・セピア色にして楽しむのも・・たまにはいいですよね〜でもカラーに仕向けてはいけない。そこには現実がないのだから・・♪Let It Be 〜なすがままに・・か。

先日NHKBSで「〜ゲバゲバ〜」やっていました〜為五郎、ゲバゲバッピーのキャラクター久しぶりに見ました!toramiさんはご覧になられましたか?キャロル・キング来日公演するらしいですね〜「イル・マーレ」♪This Never 〜のポール曲も素敵だった〜キャロルの♪It's Too Late 懐かしかった。

いつも「脱線チーム」(笑)でごめんなさい。

2007/6/13  11:16

投稿者:acco

toramiさんのお気持ちよぉくわかります。toramiさんほどファン暦は長くないし、まだコンサートも行ったことのないへっぽこファンですが、ポールの音楽から受け取る感情はtoramiさんのそれと似ているのかもしれません。特に今回のアルバムからは、元気ももらったし、悲しみももらいました。The End Of The End は、とても悲しい歌だけど、ポールらしい前向きさが伝わってきました。ここまで聴くと、1曲目のDance Tonightは、シンプルながらも、強いメッセージを持ってるんだぁ、と...私なりの勝手な解釈ですが(^^;)私も思い出(メモリー)と共に前向きに人生を歩んでいこうかと。Gratitudeも忘れずに。もちろんポールにも最大のGratitudeをね♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ