2007/9/2

金刀比羅宮 書院の美  

香川県在住のキッス仲間であるK2さんから
金刀比羅宮(ことひらぐう=こんぴらさん)奥の院にある
普段は非公開の襖絵が大々的に公開される展覧会が
東京で開かれると聞いたのは6月のこと。

しかし、すぐにでも行くつもりがなかなか行けず8月も過ぎ
もうすぐ終わりそうだ、ヤバい!・・・というわけで
昨日は上野まで行って来た。

展覧会の開かれている東京芸術大学大学美術館は
大きくはないが立派な美術館。
この国立大学が美術館を持ってたなんて知らなかったなあ・・・と
すでにミーハー・モードなワタシ。

クリックすると元のサイズで表示します

美術館がオープンする時間を目指して行ったところ
入場するだけで長蛇の列だった。
人気があるのねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

それもそのはず。
今回の目玉は”応挙・若冲・岸岱”という画家の作品がメイン。
円山応挙はミーハーなワタシでも知っている
あの幽霊画で有名な画家だ。
そしてここ最近ブームになった伊藤若冲は
ユニークな画風が再評価され続けているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

その中でワタシが最も楽しみにしていたのは
目玉中の目玉である応挙作”水呑みの虎”
彼の晩年の代表作だそうだがその絵は
ハッキリ言って虎と言うより猫に近い。
何故か?

それは応挙が虎の絵を描いた当時
日本には生きた虎がいなかったから。
応挙は虎の毛皮と猫を参考にして、この絵を描いた。
その結果、猫のような虎の絵が完成したのだ。

応挙が描いた虎の顔はどう観ても猫。
猫族好きは虎ももちろん好きなので
この”猫のような虎”は、なおさら大好きだけどね。
虎なのにミョーにカワイイのがたまらないし。
たまたまワタシの隣で絵を観ていた女性ふたり連れも
「カワイイ〜」を連発していた。

しかしこの反応
応挙が聞いたら何と思っただろう。
絵を観ての感想は誰でも自由だけれど
まさか「カワイイ〜」と言われてるなんてね。
今ごろあの世で苦笑いしてるかもねぇ。

円山応挙先生
ミーハーなワタシらをどーぞお許しください(爆)
0



2007/9/20  21:39

投稿者:torami

りんりんさん
羨ましいなあ!現地でご覧になるんですね。
ここには書きませんでしたけど、若冲の作品も素晴らしかったです。
ご本家こんぴらさんで観る襖絵は格別でしょうね。是非ご感想をお聞かせください。

2007/9/20  10:16

投稿者:りんりん

ごぶさたしてまーす。
私は、この展覧会、10月にこんぴらさん現地で見る予定です。高松はなんとか日帰りできる距離なので。

2007/9/14  23:54

投稿者:torami

Zaurusさん
そうそう、虎の動きの特徴は描かれていますよ。
猫も食べてる時や水を飲む時には耳を寝かせて後ろを警戒しますよね。ウチのように室内飼いしてる猫はキケンを感じないせいか、あんまりしませんけどね。

動物も長い時間を経て、行動が変化して行くんですね。
人間もおんなじかな、動物の一種だし。

2007/9/14  17:10

投稿者:Zaurus

あー!これ電車内の広告でチェックしてました!
実際の虎も水飲む時は無頓着じゃないよね。
耳が寝ていて視線が周りを注意してるのがポイント!
でも猫っぽさを強調する一因にはなってるね(^-^)
最近の研究じゃ虎の雄は雌の出産後も一定距離をおいて家族と行動を共にするみたいね。
一家団欒もあるとか・・。
チラノザウルスの歩き方もそうだけど、昔といまじゃ解釈がかなりちがうね。


http://wind.ap.teacup.com/zaurus/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ