2007/9/13

1993年ロンドン滞在記E  

9月13日(月)
朝7:00頃起きて8:00から地下の小さい食堂で
イングリッシュ・ブレックファストを食べた。
9:00過ぎ宿を出て近くのバークレー銀行に行く途中
ポールのコンサートのポスター(今まで見たことのないやつ)
があったので写真を撮った。

クリックすると元のサイズで表示します

銀行で両替してからヴィクトリアへ行き
地下鉄でオックスフォード・サーカスへ。
リバティ、ハムレーズで買い物をする。
それから歩いていたらスコッチ・ハウスが目に付いたので
マフラーを買いたくて中に入る。
連れ合いはセーターを見たが大きなサイズしかない。
ピカデリー・サーカスの店にはもう少し小さいサイズがあると言うので
ワタシもマフラーを買わずそちらの店に行く。
ピカデリーの店で連れ合いはセーターを買い
ワタシはマフラーを買った。
(さっきと同じ柄のはなかったけど)

店から外へ出て少しお茶でも飲もうかと思ったが
結構混んでいるところばかりだったので
地下鉄でハイド・パーク・コーナーまで行き
ハード・ロック・カフェで昼食を食べることにした。

ハード・ロック・カフェは思ったほど列ができてなくて
15分くらいで席に案内された。
ビートルズのサインやギター、ゴールドディスクなどがあり
ロック・ミュージシャンの博物館のような店内だった。

ここにはリンダ・マッカートニーのベジタブル・メニューがあり
連れ合いはサンドウィッチ
ワタシはハンバーガー(もちろん野菜の)を食べた。
結構なボリュームで美味しかった。
お金を払う時、ハード・ロック・カフェのバッジを2つくれた。、

ハード・ロック・カフェのTシャツとポロシャツを買ってから
ハイド・パーク・コーナーに戻り
地下鉄でヴィクトリアへ帰った。
それから一旦、宿に入った。
17:00少し前から雷が鳴り出してしまった。

17:30過ぎ
Wさん(ビートル系友人)と待ち合わせしていたピカデリー・サーカスの
エロスの像のところへ行く。
途中、地下鉄を乗り間違えて約束の時間に10分くらい遅れてしまった。
もしかしたらいないと思ったWさんは
しっかり先に来て待っていてくれたのでとても嬉しかった。
Wさんは少し風邪気味のようだったが元気だった。

そこからビニール・エクスペリエンス(ビートル系ショップ)の
隣のレコードショップへ行くと言う。
「Please Please Me」のゴールド・パーロフォンを
キャッシュで買う約束をしたらしい。
£××××を持って19:00までに行かなくてはいけない
と言うのでついて行った。

途中、他のレコードショップに連れて行ってくれたところで
ホワイトアルバム(もちろんオリジナル・ポートレート付き)が
£20で売っていたのですぐ買った。
良い買い物をさせてもらった。

お目当てのレコードショップに着くと
すぐLPを店員さんが出して来た。
ホントにジャケットも綺麗で、連れ合いが羨ましがっていた。

そこから歩いてピカデリー・サーカス近くの日本料理店
「てんてん」で夕食を3人で食べた。
天ぷら定食と鳥照焼定食はちょっとお値段高めだったが
ごはんつぶが美味しく、料理もまあまあだった。
久々に懐かしかった。

食べ終わって外に出ると雨が降っていた。
ピカデリー・サーカスから地下鉄でヴィクトリアに戻った。
Wさんの提案でお茶を飲んで帰ることとなった。
いつもの中華料理店とカレーショップの向かい側の
安いハンバーガーショップでお茶を飲んだ。
Wさんはいつもここで朝食を食べていたらしい。
22:00過ぎそこを出てカーネスホテルの前でWさんと別れた。

Wさんはずっと英国にいたとのこと。
ポールのコンサートも観たと言っていた。
それからレコードショップの情報もいろいろ教えてくれた。
クリスティーズとサザビーズのオークション・カタログ
ビートル・コンベンションで買ってくれたレコードをくれた。
明日の飛行機で日本に帰るWさん。会えて良かった!

**********

リンダのベジタブル・メニューは今でもあるのかな?

Wさんは同じ勤務先で知り合った男性のビートル・マニア。
彼のコレクターぶりはかなりのものなんじゃないかと思う。
彼に教えてもらったお陰で
後追いだけどいろいろなレコードを集めることができた。
1992年には無理にお願いして
ビートル・コンベンションにも連れて行ってもらった。
その時にはロンドンで
クリスティーズのオークションにも参加できたし
サザビーズのオークションの下見会にも行けたし
貴重な体験をあれこれさせてもらった。

今、Wさんは転勤してしまい
なかなか会う機会がなくなってしまったけど
今年はポールが新譜を出したので、先日連絡をくれた。
彼もその後、家族持ちになったので(ワタシより年上)
あれだけ毎年行っていた英国だが、行くことはできず
以前ほど何でも収集することはできなくなったようだが
ビートル系の話になると止まらない(苦笑)
やっぱりビートルズが大好きなんだよなあ。
愛すべきビートル・マニアのWさんなのであった。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ