2007/11/16

Duffy  Disney

昔から縫いぐるみといえばクマが定番。
猫好きなワタシでさえ
子どもの頃いつも一緒にいたのは
あくび顔のクマちゃん縫いぐるみだった。

クマの縫いぐるみというと
世界中にコレクターのいるテディ・ベア。
もしもワタシが大金持ちだったなら
(手作りテディ・ベアは一体が数万円するからね)
たぶん集めていただろうなあ。
アンティークなテディ・ベアは
オークションなどでは高額取引きされているようだ。
そしてその人気は衰えることがない。

というわけで
クマの縫いぐるみを作って売ればほとんどハズれない・・・と
思ったのかどうかは定かでないが
2年ほど前からTDSに登場した「Disney Bear Duffy(ダッフィー)」
これが大当たりしている。

「ダッフィー」とはミッキー・マウスが長い航海に出る前
彼がひとりぼっちで寂しくならないようにと
ミニー・マウスが作ったテディ・ベアの名前。
ミニーがテディ・ベアを渡した時
ダッフルバッグに入っていたことから
ミッキーが「ダッフィー」と名付けた。

夢と魔法の王国には何でもアリなので
まぁ、良いだろう〜許すっ(笑)

ケープコッドにあるお店”アーント・ペグス・ヴィレッジストア”には
いろんな「ダッフィー」がいる。
これは特別に大きなコ。
売り物なのかは不明。

クリックすると元のサイズで表示します

クリスマス・ツリーには小さなコ。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてお店入り口脇にはふつうサイズなコ。
足裏の肉球がミッキー・マークになっている(笑)
今は小さなコをたまに連れて帰る程度。
なので我が家にはチビダッフィーまだ2匹だけど・・・
自制心がどこまで保てるのか自信ナシなワタシなのだった(爆)


クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ