2007/11/28

月島から佃島、そして麻布十番  

お天気があまり良くなかったけれど
連れ合いと一緒に休暇が取れたので
気ままな東京散歩に出かけた。

まず昼時を選んで月島へ。
連れ合いは昨年の秋頃から、それほど頻繁ではないが
佃島まで佃煮の買出し(笑)のため、月島駅に通っていた。
その時に見つけた定食屋さんが安くて美味しいと言うので
連れて行ってもらうことに。

月島の「めし屋」というシンプルな名前の定食屋さんは
地味な店構えではあるが意外に広く感じる店内。
平日の昼時なのでサラリーマン風の客が次々と現れる。
清潔感溢れるテーブルには
塩辛・海苔の佃煮・きざみたくあん・数の子粕漬が置いてあり
それらは好きなだけ食べていいようである。
おお〜、かなりのおトク感。


クリックすると元のサイズで表示します

ランチは日替わりで3種類。
海鮮系のどんぶりが2種と焼魚の定食が1種。
それぞれ800円弱だった。安い!
レジの脇ではいろいろな干物を売っていて
もちろんそれも定食のメニューになっている。

中には高級魚の干物もあって、その定食もあるのだが
なんと3000円台というお値段。
これには思わず苦笑した。
注文する人、いるのかなあ?
こんなの初めて。

それからトルコ名物”サバサンド”
このメニューも気になった。
いったいどんなサンド?

5人いた店員さんは年配の人も若い人も、男性も女性もいて
皆、赤いバンダナを頭に巻いている。
彼らの動きはとてもキビキビとしていて好感が持てた。
混雑してくると落ち着かないかも知れないが
長居をする店ではないので、特に問題はナシ。
お魚もご飯も美味しくて、なかなか良い店だった。

「めし屋」東京都中央区月島1-5-7 TEL03-3534-8686
営業時間 11:00〜14:15 17:00〜21:00LO
定休日 日曜・祭日


お腹も満足したので佃島へ。
たまたま住吉神社という神社を見つけたので、お参り。

連れ合いの話によれば(何かの小説で読んだらしい)
佃島の人々の祖先は徳川家康の命で大阪から来たのだそうだ。
江戸の中の江戸だと思っていた佃島だったけど
そんな歴史があったのだなぁ。
住吉の名も大阪と関連があるようだ。

その神社にお稲荷さんがあったので
すかさずお参り。
お稲荷さんはワタシの守り神だと聞いているから。

クリックすると元のサイズで表示します

お稲荷さんのお使いの狐。
子供の頃から狛犬よりお稲荷さんの狐の方が好きだったな。
猫のキースも狐顔だし(笑)
それから住吉神社を出て佃公園へ。

紅葉がキレイだった。
何気に止めてあるバイクが良いアクセント。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、昭和42年に住居表示が変更になり
現在は”佃島”という地名はなく”佃”となっている。
そういうのって無粋だよねぇ。
昔の地名ってステキなのにさ。

無粋と言えばこのビル群。
中にはお世話になったビルもあるけど・・・。
ビルの前に見えるのは佃大橋。

クリックすると元のサイズで表示します

紅葉した木を脇にたそがれる連れ合い(笑)
本日のイチオシ(爆)

クリックすると元のサイズで表示します

そのすぐそばに目的の店「天安」が。
佃島の名物である佃煮の有名店だ。

クリックすると元のサイズで表示します

昔ながらの建物がなんとも味わい深い。
「天安」の佃煮は決して安くはないのだけど
甘過ぎず辛過ぎず、とても美味しい。

静かな佃島を後にした連れ合いとワタシは
月島から地下鉄で麻布十番へ。

ワタシらはふたりとも東京生まれの東京育ちだが
ほとんど東京の名所を知らない。
麻布十番も一度しか訪れたことがない。
それもワタシだけ。

そんなワタシの曖昧な記憶をもとに歩く。
しかし麻布十番はそれほど広範囲な商店街ではないので
ちょっと歩けばだいたいのお店はわかる。

最初に「豆源」へ行き塩豆を買う。
”高級”と書かれた塩豆・・・固いので気をつけるようにと
書いてあったやつで、お値段高め。
(実際には歯が折れるほど固くはなかった)
そのすぐ隣が「浪花家総本店」
ワタシがたい焼を食べたいと言って寄ってみたのだが
ありゃりゃ〜1時間待ちだって。
予約もできるらしいけど、さっさと諦めて、またブラブラ。

「タリーズ」で抹茶ラテを飲みながら通りを見ていると
黒いフェラーリがさ〜っと止まった。
こんな高級車なにげに止めたままで良いの?大丈夫?
クルマの持ち主はどこへ行ったのかと思ったら
正面のドラッグストアから出てきたおじさんが
そのフェラーリに乗って行っちゃった。
近所のお金持ちだったんだねぇ、きっと。

麻布十番あたりは近所にお住まいの外国人も多く見かける。
「BLUE&WHITE」のオーナー、エイミー加藤さんもそのひとりか。
この日はエイミーさんがお店にいらした。

「BLUE&WHITE」は藍染小物を扱っている趣味のお店。
90年にポールとリンダが訪れ、買い物をしたことでも知られている。
このお店で小物を見ていたところ
エイミーさんがワタシの着ていたダウンのロングコートを見て突然に
「このコート素敵な色ねぇ!どこの?日本の?」とおっしゃった。
急に話しかけられちょっと驚いたけれど、連れ合いが
「日本の、です」
するとエイミーさんが
「日本人みんな黒ばっかりでしょ?だからこの色、とても良いわ」と。

ワタシはその日、たまたま赤いダウンのコートを着ていた。
お揃いではないが、連れ合いも同系色のハーフコート。
だから目立ったのかも知れないけれど
ご自分でも作品を作るアーティストであるエイミーさんから
こんなお言葉をいただけるなんて予想外。
だって決してオシャレなコートではないからね。
(見かけは”赤いゆきだるま”モコモコで強力な防寒着)
ちょっと嬉しい出来事だった。

そんなキッカケからエイミーさんに
ポールとリンダのことを聞こうかな、と思っていたところ
彼女は電話に呼ばれ、その後どこかへ出かけて行った。
あら残念・・・。
エイミーさんはとてもハキハキしてステキな感じ。
見かけは若くないけれど、気持ちはきっと若いのだろうなぁ。

その後、連れ合いのリクエストにより
15時開店と同時に焼き鳥(焼豚)屋「あべちゃん」へ。
少し食べて帰るつもりが
隣のおでん屋「福島屋」が気になりここにも入ってしまった。

「福島屋」はテイクアウトはもちろん
店内でもおでんが食べられる。
お昼にはおでん定食があるらしい・・・良いなあ。
おでんセットを一皿だけお願いしたらお茶も出してくれて
なんだかとても暖まった。
こんなお店が近所にあったらなあ〜羨ましい。

ここで今日の東京散歩は終了。
今度はどこへ行こうかな〜。


クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/12/17  20:40

投稿者:torami

oyataさん
「豆源」に行った時、何を買おうかと迷ってしまいましたよ。結局シンプルなものにしましたけど。
今年、行きたいと思っていて行きそこなったところは「谷根千」つまり谷中、根津、千駄木です。路地裏の猫に会いたい!
東京でロンドンに似せられるところって、あとはどんなところでしょうね。

2007/12/16  16:58

投稿者:oyata

東京の住人になってまだ6年目。足下にもいいところは、たくさんあるのですねえ。「豆源」の白砂糖がまぶったピーナツ(南京糖)、これが大好きです。サークルラインか。私も時々、東京を妄想でロンドンにすること、あります。

2007/12/11  20:23

投稿者:torami

JUN LEMONさん
佃島の古い町家が並ぶあたりには狭い路地があって、猫との遭遇を期待しましたが・・・寒かったせいか残念ながら会えませんでした。
麻布十番に「タリーズ」は2か所ありましたけど、JUNさんの行かれたお店と同じところにいたのでしょうね。
何故か繋がりますねぇ〜JUNさんと(笑)
大江戸線を密かに”Circle Line”と呼んでいるのはワタシだけではないはず・・・。
はい、今度は「樹の花」に行ってみます!

2007/12/11  0:42

投稿者:JUN LEMON

toramiさんと旦那様が行った3日後に私もこのあたりを訪れています。以前、兄夫婦も佃島の高層マンションに住んでいたので、何回か訪れているのですが、この高層マンションと古い町家のコントラストが何ともいえないです。
麻布十番にも行かれたのですね。私も半年くらい前に同じTULLY'Sでお茶してました。外国人ウォッチングしながら。(笑)
大江戸線ができてから、東京の「小さな旅」が楽しくなった気がします。
今度はぜひ、東銀座の「樹の花」へ!

2007/12/10  22:57

投稿者:torami

すーさん
オトナをからかっちゃいけません(笑)

2007/12/9  23:33

投稿者:すーさん

素敵な東京デイトですね(^^)☆きゃ☆

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ