2008/2/21


六本木ヒルズに映画を観に行った。
今週で上映終了の「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(Mr.Bean's Holiday)」

ローワン・アトキンソン演じる英国紳士?Mr.ビーンは大好きなキャラ。
このシリーズとしては2本目の映画だけれど、面白さはまぁまぁ。
やはりテレビ・シリーズに勝るものはないみたい。

六本木ヒルズで映画を観る時には
楽しみにしていることがひとつある。
それは、けやき坂にあるお店
ハロッズ ブロンプトン」でランチすること。

ここは英国風のゆったりした雰囲気に
現代的なセンスも取り入れた素敵なお店。

今回は映画を観る前に寄ったのだが
このお店はランチ・タイムが17時までなので
上手くいけば混雑している時間帯を避けて食事ができる。

ワタシが好きなのはベジタリアン・プレート。
ワン・プレートにクスクスサラダ、コールスロー、
キノコソテー、レンズ豆が盛り付けられている。
それと薄切りトースト(ここが英国風!)、スープ。
飲み物は紅茶かコーヒーを選べて、お値段は1000円。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしこの日はいつものベジ・プレートではなく
パンケーキ・セットを注文した。
これは初めて食べたのだけど
グリーン・サラダ、ソーセージ、ベーコン
パンケーキとメープル・ソース
それに3種類のディップみたいなのが
(クリーム・チーズ、サーモン・クリーム・マッシュ・ポテト?だったか)
ワン・プレートに盛り付けてあり、スープも添えてある。
飲み物は紅茶かコーヒーを選べて、お値段は1100円。

もちろん、これも美味しかった!

ところで食事が終わった時
コーヒーを運んで来てくれた女性スタッフさんが
「今日はベジ・プレートにはなさらなかったんですね」
とワタシに声をかけた。
急だったのでちょっと驚いて
「憶えていてくださったんですか?」
と言葉を返すと彼女はキッパリ
「もちろんです!」

そういえば前回に来た時
レジで会話した女性スタッフさんが彼女だったと気が付いた。
あの時にベジ・プレートが好きだと言ったんだっけ。
それにしても1か月に1回
来るか来ないかの客をよく憶えていられるなぁと感心してしまった。

その後、帰りがけに女性スタッフさんが
わざわざお店のドアの外まで見送ってくれたので
このお店がとても気に入っていること
なかなか来れるチャンスがなく残念に思っていること
必ずまた寄りたいと思っていることなど話したところ
「そのお言葉がとても励みになります、またお待ちしています」
と微笑みながら答えてくれた。

こういうスタッフはお店にとって貴重な存在。
客の気持ちを上手く掴んで
それでいて全く嫌味がないからだ。
良い仕事してますねぇ〜彼女!

そんなわけでますます気に入った「ハロッズ ブロンプトン」
一度お試しあれ。


クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ