2008/3/13

スーダンから来た石の猫  

羽田空港へ遊びに行った時
第2ターミナルで「一村一品マーケット」というところに入った。

ここは
日本政府の開発途上国支援の一環として
経済産業省が中心となり行っている「一村一品」運動による
商品展示・販売コーナー。

「一村一品(ONE-VILLAGE ONE-PRODUCT)」運動とは
”地域住民が自ら誇ることのできる特産品を発掘し、
国内のみならず、世界の市場にも通用する競争力のある
商品に仕上げる活動”とのこと。

ということで
開発途上国の人たちがお金を得ることで
生活の向上に繋がるならと思い
何か買おうと物色していたところ
石に彩色を施し、彫って模様を入れた猫の置物を見つけた。

石の猫はスーダン製。
スーダンというとすぐにダルフールを思い出す。

アフリカ・スーダン西部のダルフール地方では
黒人住民をアラブ系民兵が襲撃し
たくさんの人たちが殺されている。
しかしスーダン政府は襲撃をやめさせず
こともあろうに民兵への支援をしているという。

この問題については
所謂セレブリティの中からも解決を望む声が数多く上がっていて
記憶に新しいのは
オノ・ヨーコが人権擁護団体アムネスティに協力し制作した
ジョン・レノンのカバー曲を集めたアルバム「Make Some Noise」
アフリカ支援を目的とした「LIVE8」に参加したポール・マッカートニーも
昨年のインタビューの中でダルフールに触れていたし
ジョージ・クルーニーはブラッド・ピットたちとともに
“Not On Our Watch”という慈善団体を主宰し
ダルフール紛争で難民になった人たちを支援しているそうである。

ここでふと考えてしまった。
日本政府はどういう立場をとっているのかなあ?
ワタシが買おうとしている石の猫は
本当にスーダンの人たちの役に立つのだろうか?
そんなことを思いつつも結局
意志薄弱なワタシは石の猫に手を出していた。

スーダン製の石の猫は
手のひらにちょこんと乗ってしまう大きさ。
手作りの素朴さに惹かれる。

クリックすると元のサイズで表示します

我が家のショーンとキースは
新入り石の猫に興味津々。
スーダンの猫たちは今、どうしているのだろう?
ニンゲンにとっても猫にとっても
平和な時が早く訪れますように。


クリックすると元のサイズで表示します
0



2008/3/22  23:51

投稿者:torami

まゆみさん
この後、石の猫はキースの猫パンチを食らってました(汗)

2008/3/21  18:54

投稿者:まゆみ

きゃー、最後の3匹(笑?)の写真、
ざっくりツボにはまりました!
かわいいぃぃぃ〜。
ハム派のわたしも思わず画面の前でにんまりデス。

http://www.sakai.zaq.ne.jp/wideopen/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ