2008/4/26


田園調布の某教会で結婚式を挙げ
(披露宴はキライだったのでパス)
同日に婚姻届を出してから
(入籍届ってのは誤りで、正しくは婚姻届)
今日で25年・・・それを”銀婚式”と言うらしい。

一応の区切りだし何にもしないのもつまらないので
いつもは行かないようなお店で食事しようということになり
ワタシの発案で選んだのが、愛宕下の「醍醐」
”ミシュランガイド東京”2つ星の精進料理店である。

なぜこのお店を選んだのかというと答えは簡単。
”ベジタリアン御用達”だから。
つまり、このお店の料理をポール・マッカートニーが
2002年の来日時に食べていたはずだからだ。
(お店でではなくお弁当で食べたと思う)
その後、娘のステラも訪れている。

ワタシら夫婦はベジタリアンじゃないけど
”ポールがらみのお店”と決め込んで(笑)
このお店を選んだわけ。

予約した時間の11時半に間に合うように
東京メトロ神谷町駅から愛宕グリーンヒルズ方面へ向かう。
土曜日、それも午前中なので歩く人も少なく閑散としていた。
グリーンヒルズの角を曲がり道沿いを行くと青松寺というお寺があり
その先に「醍醐」のあるフォレストタワーが見える。

フォレストタワー1階に「醍醐」の表示を見つけ
(行ったことがないのでどこから入るのか、わからず)
その奥に進んで行くと車付け用の入り口に下足番のおじさまがいた。
彼はワタシらを見てすぐに「○○様ですね」
それからエレベーターに案内され2階へ。
お店は2階に位置しているのだ。

靴を脱ぐと仲居さんの案内で座敷に通される。
「本日はようこそいらっしゃいました・・・」などなど
にこやかな笑顔の彼女はとても丁寧に応対してくれた。

その後、小さく可愛い献立表が用意されたが
それには今日の日付とワタシらの名前(苗字)が入っていた。
細やかなサービスである。
献立表の端には楊枝が刺してあり
まるでそれで献立表が留められているようにみえて、面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

「醍醐」の座敷はすべて個室。
料理が出されてから食べている間は
完全にプライベートな空間となる。
精進懐石なので一品ずつ出てくるのだが、そのタイミングは絶妙。
連れ合い曰く「どこかに隠しカメラでもあるのか?」
まさかねぇ。

「今日は銀婚式なのでここに来ました」と言ったら
料理(八寸)に金と銀の小さな折鶴を添えてくれた。
こういう心遣いは嬉しいものだ。
せっかくの折鶴だからちゃんと持って帰ったよ。

前菜、小附、御吸物、お凌ぎ、八寸、煮物、揚物、
強肴、箸洗、御飯、香の物、水の物、甘味

料理は全部と〜っても美味しかった。
肉や魚を使わなくても上質の素材と工夫した料理方法で
こんなに美味しくいただけるなんて素晴らしい。

特に美味しかったのは
”お凌ぎ”手打ち蕎麦。
ふつうの蕎麦よりも細く打たれた麺は
こしがあり、大変に喉ごしが良い。
山葵でなく芥子でいただくのがこのお店ならでは。

クリックすると元のサイズで表示します

それから”煮物”若竹煮。
揚げた若竹が胡麻味噌風味の汁に浸され
その中に若布と分葱が入っている。
シャキッとした歯ざわりでほんのり甘い若竹が絶品だった。
我が家では毎朝若布を食べているけれど
この煮物に入っていた若布はそれとは全く別物。
口に入れる前から磯の香りがするし
ほどよい滑り感もたまらなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

個室の座敷は庭側が一枚ガラスで遮音されているので
(庭に出られず残念だが)ものすごく静か。

クリックすると元のサイズで表示します

ふたりだと多少広めに感じる座敷は贅沢過ぎるくらい。

クリックすると元のサイズで表示します

一品ずつ運ばれる料理は目で楽しみ、舌で味わう。
しかしそれだけではない。
一品食べ終わった後の満足感と静寂な空間とが
ほどよいバランスで調和した時
ワタシは幸福感でいっぱいになった。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで
精進料理は仏教の禅宗に縁が深いそうだが
禅寺というと「侘びと寂び」
ジョン・レノンはその言葉の意味を理解していたよね。
ポールはわかってないかもだけど・・・
そんなことがふとアタマをよぎった。
帰りには「醍醐」の2階玄関から出た。

クリックすると元のサイズで表示します

そこから階段を下りると隣の青松寺境内に通じる。
境内には可愛いお釈迦様と象たちの像があった。
(チベットに早く平和が訪れますように)

クリックすると元のサイズで表示します

そして像の下方には蓮の花が浮かんでいた。
今度はジョージ・ハリスンを思い出したが・・・
あっ!リンゴ・スター、いなくてごめんね!


クリックすると元のサイズで表示します
3



2008/5/10  23:05

投稿者:torami

ジーナさん
ご無事でお戻りのようで良かったです。
米国人ご夫妻は金婚式でしたか。おふたりともお元気ですね〜。
ワタシたちは醍醐で「金婚式の時も是非おいでください」と言われましたが、その頃まで生きてるかなあ???

披露宴とは一説、親御さんのためのものとか。ジーナさん偉い!ワタシらは親不孝だったかも知れませんねぇ。

2008/5/9  10:14

投稿者:ジーナ

toramiさん
 とても素敵なお店ですね〜。toramiさんのレポートでお料理の香りまで伝わってきました!

今回の来日?!で 私達に話しかけてきたアメリカ人のご夫婦、退役軍人で1966年から4年間日本に住んいた事があり日本が大好きなんだとか。5月が結婚50周年、お二人で旅行を楽しんでいるとか「5月何日が結婚記念日なのですか?」と伺ったら・・なんとウチのダンナ様の誕生日!!いやぁ偶然ってこんな事なんだ〜「彼が生まれた日に 私達は結婚したんだ〜!」と感動していました(時差の事を忘れて)(笑)

いいなぁ〜教会での挙式。toramiさん達可愛いかったのでしょうね〜。(勿論、今でもね!)私達も教会で挙式、披露宴なしが希望でした・・が、田舎の長男、長女の結婚式は、文金高島田、披露宴は3時間!友達は数人しか招待出来ず・・二人で「暇だね〜」と「人生我慢も大事」とその時に学習したのでした(笑)

2008/4/29  10:18

投稿者:torami

Joe Coolさん
肉や魚を使っていなくても物足りなさは全く感じませんでした。
写真は載せてませんが、なめこ雑炊も非常に美味しかったです。

2002年の来日時、ポールを成田まで迎えに行き、その夜から彼も宿泊した椿山荘にポール友達のNさんと泊まりました。
翌朝、ホテルのカフェで某ファンクラブの方がケータイで今後の予定などについて誰かと話しているのが聞こえました。
その予定のひとつが歌舞伎座での観劇の件だったのですが、その際のお弁当を「醍醐」に注文しようとしていたのです。
そのお話のとおりなら、ポールは「醍醐」の料理を食べたのではないかと思います。

ちなみにその時、高尾山に行く件も聞こえて来ました。ただしどの日に行くのかはわかりませんでしたけど。

椿山荘の体験は忘れられません。
ポールがほんの目の前に歩いて来て、ワタシたちに気付いてくれたんですから。

2008/4/29  2:46

投稿者:Joe Cool

私も婚約の時、このお店を利用しました。
今から8年前、未だこのお店が一軒屋だった頃のことでした。

肉や魚を使っていないとは思えない、驚くべき味ですよね。

本当にポールはこのお店のお世話になったのですか??

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ